• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

米インディプロレスの記念碑的祭典『ALL IN』で起きたこと■「MMA Unleashed」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

米インディプロレスの記念碑的祭典『ALL IN』で起きたこと■「MMA Unleashed」

2018-09-07 11:45
  • 1
Omasuki Fightの北米MMA抄訳コラム「MMA Unleashed」――今回のテーマは米インディプロレスの記念碑的祭典『ALL IN』で起きたことです!

2017年にTwitterでレスリングオブザーバーのデイブ・メルツァー記者が、「アメリカでインディが1万人を動員するのは無理」とつぶやいたことをきっかけに、それなら挑戦してやろうじゃないかとコーディとヤングバックスが動き始めたことが、この大会開催の契機となったとされる。

会場としては、当初は新日本プロレスもイベントを開催したサンフランシスコのカウパレスが検討されていた。賃料の安さが魅力だったが、ストリーミング中継のための施設が備わっていなかったことがネックだった。結果的に会場となったシカゴのシアーズセンターは、All InのスポンサーであるPro Wrestling Tees社近隣であることから、グッズ搬入に便利だったことが決め手となったのだという。

10,541枚の前売り券が発売後29分間で売り切れる大ヒット興行だった。その後の追加販売分をあわせて、当日の入場者数は11,263人。ゲート収入は458,525ドル。チケット購入者の実に75%が州外在住者であったことから、アメリカのイベント史上、最も多くの人が遠征して集結したイベントでもあったとされる。チケットの平均価格は43ドルで、転売市場では200ドルを超える価格で取引されていた。グッズは開場後30分で完売、FITE.tvで放送されたPPVの販売件数は2万件程度と見られる。

テレビ中継が全くない中、YouTubeによるプロモーションだけで1万枚を売り切ったプロモーションはこれまでに存在しなかった。

この続きと、追悼KID、天心vs堀口、本間聡、朝倉未来、木原のオヤジ、新日vsWWE…………などの記事がまとめて読める「10万字・記事21本の詰め合わせセット」はコチラ 


この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック!
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
You deserve it !
3ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。