• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

【発掘インタビュー】猪木一族の事業欲とは何か?【実兄・快守の夢】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【発掘インタビュー】猪木一族の事業欲とは何か?【実兄・快守の夢】

2015-08-10 07:39
    半世紀ぶりにアメリカと国交が回復された“カリブの赤い島”キューバで、史上初のプロレス興行が行なわれようとしている。歴史的偉業を手がけるのは、90年代から同国と交流を続けている我らがアントニオ猪木だ。そしてそのキューバとパイプ作りに尽力していたのは、猪木実兄・快守氏である。快守氏いわくフリーメイソンの会員であり、世界五大宗教の統一をライフワークとし、ロスチャイルド家とも関係があったという怪人物。兄弟揃って壮大な事業を夢を見るのは“猪木の血”でもある。今回は猪木さんのキューバ進出を祝して2010年9月に収録した猪木快守インタビューをお届けしよう。待ち合わせ場所に指定されたのは、どういうわけか癌専門の病院であった……(聞き手/ジャン斉藤)



    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
    非会員でも購入できるインタビュー詰め合わせセット par18 http://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar841870

    天田ヒロミが見たK−1天国と地獄!! これが格闘技バブルの実態だ!
    「谷川さんがやるようになってK−1はダメになりました」

    横井宏孝「リングスの怪物くん」ゼロゼロ年代プロ格青春記……
    「格闘技は前田さん、プロレスは橋本さんが師匠でした」


    ◉元祖・黒魔術「世紀の呼び屋」康芳夫インタビュー
    「猪木vs人喰い大統領、空手家vs虎」恐るべき構想……


    ◉スイッチスタイルでUFC復活勝利!川尻達也インタビュー
    「網膜剥離を乗り越えて――」クラッシャーはこうして進化していた!

    「プロレス 点と線」
    プロレス事情通Zが業界のあらゆる情報を線に繋げて立体的に見せるコーナー。
    「巌流島フジテレビ中止の衝撃」「華名引退の謎」「ヒョードル復活」「人毛デスマッチとは何か」等……。


    ◉プロレス女子が格闘技をやってみた結果/二階堂綾乃インタビュー

    笹原圭一の「書評やれんのか2015」
    「江口寿史の正直日記/江口寿史」
    「舞姫/森鴎外」
    「横道世之介」

    http://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar841870
    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■






    ーー快守さん、今日の待ち合わせ場所に驚いてるんですけど……この癌専門病院に何か用事でもあるんですか?

    快守 いやあ、じつは癌になっちゃってね(笑)。

    ーーえっ!?

    快守 でも、もう大丈夫! いまは退院して週1回通ってるくらいだよ(ニッコリ)。

    ――そうなんですか……。

    快守 ここに入院していたときには、弟のアントニオ(猪木)がお見舞いに来てくれてね。彼も忙しい中、わざわざ来てくれたんだよ。ほら、今度彼が上海・中国進出したでしょ? もう15年くらい前かな。中国のハルピンで新日本プロレスの興行があったけど、あれはボクが興行やったんだけども。

    ーーあの興行は快守さんの仕切りだったんですね。

    快守 一番のとっかかりはボク。あのときはね、中国政府が興行を許可しなかったの。だけど、たまたま中国政府人事部のお偉い方の甥っ子さんがハルピンで活動をやっていて。その方が頼んでくれて目を瞑ってくれた。

    ――目を瞑ってくれた(笑)。

    快守 あんときの興行は血が出るよう暴力的なことは一切できなかったけどね。

    ーーいろいろと制約があったんですね。

    快守 それで今度中国政府から有機農法の指導を頼まれてるんですよ。斉藤くんも上海に一緒に行こうよ。面白ことをやろうよ。

    ――もちろんです!

    快守 中国でコーヒー栽培を初めてやるっていうんでね。ほら、アントニオが議員だったときキューバと付き合いがあって、ボクはキューバのカストロさんのとこで農業指導してたでしょ。

    ーーそのお礼にカストロさんからキューバの小島をもらったんですよね。「イスラ・アミーゴ・デ・イノキ」(猪木友人島)という名前をつけて。

    快守 そうそう。あのときはキューバで有機農法指導を半年くらいしたかな。それがきっかけでいまやキューバは農業世界一になっちゃって。

    ーー快守さんのおかげで世界一になったんですね(笑)。

    快守 まあ、ボクのおかげってわけじゃないと思うけど(笑)。カストロさんがね、ボクが指導したとおりにやったから。一番手っとり早いさつまいもを作らしたら、それが凄いことになっちゃったというか、いままでの3倍4倍のさつまいもが収穫できたらしくて。カストロさんが大きな段ボールにさつまいもをたくさん詰めてね、「イノキ、こんなに取れた!」って見せてくれたんです。あの頃のキューバは経済封鎖で外貨がなくて、科学肥料が買えない、さとうきびが予定どおりに収穫できないっていうんで、どんどん借金が膨らんでいく中、カストロさんも非常に困ってて。そのさつまいもでなんとか息を吹き返したんですよ。

    ーー快守さんのさつまいもが“キューバ危機”を救ったんですね(笑)。「イスラ・アミーゴ・デ・イノキ」には財宝が隠されてるという話もありましたよね?

    快守 そうそう、ボクの島には歴史があってね。1948年のキューバ革命が始まる前に、財宝を積んだ船がたまたま水補給のために寄ったんだよね。船の中にはね、日本円で約1000億くらいの銀貨を積んでいた。


    このインタビューの続きと、破壊王伝説、金原弘光、呪われたIWGP、ウルトラマンロビン、ヤノタク、猪木快守、マキシモ・ブランコ、笹原圭一書評などの記事がまとめて読める「詰め合わせセット」はコチラ http://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar863994
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。