• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

麻雀最強戦2015ファイナルレポート
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

麻雀最強戦2015ファイナルレポート

2016-01-08 19:00
    完勝の前田が決勝卓一番乗り

     12月12日、ついに最強戦ファイナルの日を迎えた。ニコ生の配信は11時からだが、その準備のため朝早くから出演者や選手たちが会場入りしていた。A卓で打つ選手たちは、自分たちの対局が最初なので、対局開始までの間に前の対局を見ることがない。他の出演者と雑談したりして過ごすだけだ。この独特の、そして異様な雰囲気を楽しめる人はまずいない。「早く麻雀打ちたい」と対局者は皆そう思っていたに違いない。
     そんな複雑な気分から解放され、スタートしたA卓には猿川真寿・石井あや・前田直哉・押川雲太朗が座った。
    79082afae21e75df770bc080a695591b1ec0ab0a

    「前の日に酒を飲んでいい結果が出た試しがないので」と、前日のお酒を断って対局に臨んだ前田が抜群のスタートを決めた。
    f965376adfa8ff40f45aea829fb9729c733ef2ad

     子で2局続けてアガリを決め、迎えた東3局の親。猿川がドラのpai_s_nan.jpgトイツのホンイツ、押川のリーチを受けながら前田もリーチ。

    pai_s_3m.jpgpai_s_4m.jpgpai_s_4m.jpgpai_s_4m.jpgpai_s_5m.jpgpai_s_7m.jpgpai_s_7m.jpgpai_s_7m.jpgpai_s_3s.jpgpai_s_4s.jpgpai_s_5s.jpgpai_s_7s.jpgpai_s_8s.jpg ドラpai_s_nan.jpg

     この手を一発で猿川から討ち取り7700。前田が1人抜け出したトップ目に立つ。
    0a28127ab162181110a2b16136efccef8481d4ec

     だが、半荘1回でトップのみが勝ち上がる最強戦では、2万5千点程度のリードは決してセーフティではない。このシステムは一般の麻雀やプロのリーグ戦と違い、局が進むにつれ戦闘不能に陥る打ち手が生まれるところに特徴がある。戦いに参加できる打ち手が1人減り、2人減り…。最終的にはトップめと、2着めもしくはラス親との一騎打ちとなることが多いのだ。だからどんなにリードが大きくても安心できない。だが、なぜか全員に手が入らないままラス前まできてしまった。ただ、ラス前に押川が次の手をアガって状況が変わった。
    513975d9bd3d2b5f049aef1bf555431e5bc074ea

    押川のアガリ
    2f2cca326eb64c5df3a8ea1cd3d09522ca1fa48b

     このアガリでラス親の押川が親満ツモで逆転トップの圏内にきた。だが、粘りもここまで。オーラスは前田がアガって決勝卓最初の椅子をつかみ取った(A卓詳細レポートはこちら)。



     B卓は木原浩一・鈴木たろう・和泉由希子・瀬戸熊直樹という全員プロの組み合わせとなった。
    57f0e824881d964be08e871a4977d60fb31b280b

     とりわけ、注目を浴びたのが鈴木たろうだ。サイバーエージェントカップで鈴木達也に敗れたものの、その達也が近代麻雀プレミアリーグ後期でも優勝し、規定により最強戦ファイナルの出場権はサイバーエージェントカップ2位のたろうに渡った(サイバーエージェントカップについてはこちら)。
    06419f1ecb3a862e5034664803d1296be2e8259d

     しかも、たろうは直前にマカオで開催された世界麻雀大会で準優勝し、「乗っている」という雰囲気が漂っていた。
     だが、このB卓で先行したのは和泉だった。
    6dd19d0488bd9a03bc2fedde1711be8223c09609

     東2局で満貫、さらにトップ目で迎えた南1局1本場では親で粘る木原からリーチ・一発・pai_s_sha.jpgの6400を決め、リードを広げた。
    92202de1cb911bc1ff49be12c6961ea900283a73

     だが、その和泉をたろうの一発が襲う。
    5b2fcab6b09b45ad82d1d68f89d37ee6c11c7a38

    南2局 東家・たろうのアガリ
    pai_s_6m.jpgpai_s_6m.jpgpai_s_7p.jpgpai_s_7p.jpgpai_s_8p.jpgpai_s_8p.jpgpai_s_2s.jpgpai_s_2s.jpgpai_s_8s.jpgpai_s_8s.jpgpai_s_sha.jpgpai_s_hatsu.jpgpai_s_hatsu.jpg ダブルリーチ一発ロンpai_s_sha.jpg ドラpai_s_7p.jpg 裏ドラpai_s_2s.jpg

     親のたろうのタブリーに対し、安全牌のない和泉がpai_s_sha.jpgを捨てただけ。それが親倍の放銃になってしまう。まさに「一寸先は闇」、積み上げてきたリードが一瞬にして崩壊した。このアガリでトップ目に立ったたろうはオーラス、ラス親の瀬戸熊との一騎打ちとなった。

    60dee47f16a18a0528ffc476cd9757218b670af0

     お互い最強戦ファイナルには5年連続の出場。特に、「今年こそ」を思いを強く持っていた瀬戸熊は和泉の先行にもたろうの一撃にも動じず、じっと好機を伺っていた。

     南4局1本場。お互いアガリトップの局面で、先にpai_s_4m.jpgpai_s_7m.jpg待ちでたろうがリーチ。これに瀬戸熊が追いついた。

    東家・瀬戸熊の手牌
    f5ac2475a61bed019c26479eca28de881c08e4c8

     たろうの待ちpai_s_4m.jpgを暗刻にしているので枚数的には五分。アガリ牌を引けないまま9巡が経過。瀬戸熊がpai_s_4m.jpgを引いたが、これは暗槓で放銃回避。

    2c3c4372c0531156933e078faa544da1ef24b2a1

     だが、次巡瀬戸熊が掴んだのはpai_s_7m.jpgだった。これでB卓の勝ち上がりがたろうに決まった。
    8bfb2c3768bece6b78137e860a8b5cb6e8590d22

    61198d91d492e0b5fd30324c42cf3c8022af8dde

    (B卓詳細レポートはこちら



    最強位藤田、D卓で惜敗

     C卓は魚谷侑末・近藤誠一・江崎文郎・片山まさゆきの組み合わせで始まった。
    a09898c47e592dbe75eac2222a87554ad3b9962f

     重たい場が多い中、リーチ・ツモ・pai_s_ton.jpg・ドラ1をアガった魚谷がトップ目で東場を折り返す。
    bc7b1588d06c69d4aa3f9f2bc8285ab5a5fb9e20

    17624cf183cf80e80de1d64f6b7ac5b2411ba2a5

     日本一勝ちたがりの女流プロ・魚谷は、一昨年ファイナル決勝卓で惜敗した悔しさを何が何でも晴らしたい。だが南3局、そんな魚谷の思いを、「勝つ気しかしない」最高位・近藤が打ち砕く。

    23a213bdfbefd652ca9a956955b4e6d5a4482650

    南3局 北家・近藤のアガリ
    3f48b210e144cb47784afe743716e7ff11da66e6

     2つのカンで3フーロしている近藤がこの局の主導権を握っているのは明白。これに飛び込んだのがトップ目の魚谷だった。魚谷の手はドラがあったとはいえイーシャンテン。この放銃に首をかしげた人もいるだろう。だが、これは近藤がいち早くトイツ手に決め打ったことが生んだ副作用だった。近藤は3巡目にpai_s_6m.jpgのトイツがありながらpai_s_5m.jpgを捨て、そこからトイトイ仕掛けに出た。

    dccaf50a14f10e161c82ab9a4831a73882bd1871

     これが魚谷のミスリードを誘発。いわゆる「5の早切り」で、69はシュンツ受けには危険だが、シャンポンは考えづらい。近藤の手がトイトイと読み、pai_s_6m.jpg受けの可能性が薄いと読めるからこそ、逆にハマってしまったのである。

     この放銃で全員にトップの可能性のあるオーラスに突入。ここで6400逆転条件の魚谷が4巡目にチートイツドラ2のテンパイを入れた。
    27b01455c06578419bb237feff4c285189e2a5e1

     絶テンの単騎待ちを模索し、その牌を着実に選び続けた魚谷の勝利は濃厚かに思えた。が、その絵が合うことはなく流局。この局、いち早く撤収を決めた近藤が次局のチャンスを生かし、4つ巴の争いを制して決勝卓の切符をもぎ取った。
    87ae87f9ca0559a3c48f92b821c2051fc9b9e1e9

    a79c499c9316119644136ebae6070a16fefea153

    (C卓詳細レポートはこちら



     そしてD卓。柴田吉和・鈴木達也・藤田晋・高橋凌の並びで開始した。
    6aeda24024c9274e674da9d3d5d84b762670eae0

     まず、飛び出したのが現最強位の藤田である。
    3b0516635a15e158382c051489606ead551f8b50

    eaf0d7b97945e37849399f1c57009659cfbbb2c7

     高橋の満貫ツモを自身の親番で4000オールを決めて差し返す。さらに着実にアガリを重ねリードを広げ、そのまま南3局の親まで4万点台を維持。今年も本番1週間前に3日間の麻雀合宿を行い、トップ取り麻雀をひたすら打ち続けた。その成果が顕れたかのような展開である。最後の親を大過なく流し、あとはラス親・高橋を封じ込めればいい、という状況。

     だが、そこへ役満十段・柴田が一撃を決めた。
    6cc278f828db6b0a2e7e95706d238504b5cbc072

    南3局 西家・柴田のアガリ
    ca196489663440174ab6aadb9a84f339849d0118

     トップめ藤田の親っかぶりを狙ったフリテンリーチが見事に成就(下段記事参照)。これでトップ目に立った柴田は、藤田やラス親高橋の猛攻を交わし、決勝卓に進む。アマチュア最強位・高橋の決勝卓への夢は、さらに藤田最強位の連覇はここで潰えた。

    27aa5825b32d23b108e5a9f8c00d896692a3e2ed

    (D卓詳細レポートはこちら



    史上最もハイレベルな決勝卓

     決勝戦はたろう・前田・柴田・近藤の並びでスタート。
    609b630330ea2a5852f13f634d06649e969e068e

     鳳凰位・十段位・最高位、そして元最強位の4人が揃うという最強戦史上最もハイレベルな組み合わせとなった。先行したのが前田。たろうのピンズ一色の仕掛け、さらに近藤のpai_s_nan.jpg単騎リーチを受けながら、次のテンパイを入れる。

    cbb117340344e213be2ae55fd6551da61076eb10

    東2局 東家 前田
    pai_s_2m.jpgpai_s_2m.jpgpai_s_3m.jpgpai_s_3p.jpgpai_s_4p.jpgpai_s_7p.jpgpai_s_8p.jpgpai_s_9p.jpgpai_s_2s.jpgpai_s_3s.jpgpai_s_4s.jpgpai_s_6s.jpgpai_s_6s.jpg ツモpai_s_2p.jpg ドラpai_s_3m.jpg

     リーチの近藤に無スジのpai_s_2m.jpgを静かに通し、ヤミテン。一発勝負の対局で、この手なら6000オールを狙って追っかけたい気持ちは当然あるはず。だが、前田はヤミに構えた。

    前田「先手なら6千オール狙いのリーチをかけるつもりでした。しかし、後手を踏んだうえにpai_s_4m.jpgは山に薄そう。さらにたろうプロが近藤プロのリーチ一発めに躊躇いながら捨てたので、たろうプロの手は打点が安いか愚形かと思いました。pai_s_4m.jpgが出る可能性を下げたくないのでここはヤミテンに構えました」

     この選択がズバリ当たった。直後、柴田がpai_s_4m.jpgを抜き前田の親満のアガリとなった。
    3413ee07ed6d89506fa397ce0408a248f891ce67

     これで先行した前田。その雀風は守りを固めつつ一撃を狙うスタイルだ。だからこそ前田にこれ以上加点させてはいけない。相手3人は絶えず攻め続け、前田を前に出させないことだ。東3局は近藤、東ラスはたろうがツモアガリを決め、少しずつ前田の点数が削られた。

     南1局では前田以外の3人がぶつかった。親のたろうがタンヤオのカンpai_s_6m.jpg待ちリーチ。これに近藤、柴田が追いついて3人リーチとなる。勝ったのは近藤だった。
    3e4312a01a392a097fa3e2b9b38f0835680f7dda

    南1局 北家 近藤のアガリ
    e0b245d5b460c05213604a7baec86eea536e7f50

     これで前田・近藤の一騎打ちの様相を呈してきた。だが、このアガリで追いついたラス親・近藤の勝利を信じたファンも多かったに違いない。初期の最強戦の顔だった飯田正人プロが亡くなって以降、近藤は麻雀のスタイルを変えた。麻雀の理の部分を封印し、飯田プロの「感性の麻雀」を磨いたのである。今年はそれが一気に本格化し、誰に聞いても「今の近藤さんは手がつけられない」という言葉が返ってくる。それほど今の近藤は乗っているのである。

     だが、前田もこのアガリで火がついたのか、親で連荘を重ね、再びミサイルをぶっ放した。
    a9e6191d30b8f9bc83cfa8a57a31f899f8def215

    南2局1本場 東家・前田
    c37c73c37a71c09d3c378be7115b5eda830837b4

     並びかけてきた近藤を一気に突き放す6000オール。前田が一気に最強位に近づいた。そしてオーラス。近藤の逆転条件は親ハネツモか前田からの満貫直撃である。

     先にテンパイを入れたのは前田だった。が、役なしの愚形。
    a02194b51d5c4d957557c2a550e973065bdde2d3

    南4局2本場 西家 前田
    pai_s_1p.jpgpai_s_2p.jpgpai_s_3p.jpgpai_s_8p.jpgpai_s_9p.jpgpai_s_1s.jpgpai_s_2s.jpgpai_s_3s.jpgpai_s_7s.jpgpai_s_8s.jpgpai_s_8s.jpgpai_s_9s.jpgpai_s_9s.jpg ツモpai_s_6s.jpg ドラpai_s_nan.jpg

     近藤の満直条件があるのでリーチは避けたい。テンパイ取らずの選択もあるかと思われたが、前田はpai_s_8s.jpgを横に曲げ、千点棒を卓上に放った。

    c55dfc62f50fd99e69b2713e0468cc931af1e569

    前田「こういう状況の捨て牌読みは当てになりませんが、役満狙いの2人が国士模様だったので、pai_s_7p.jpgは山か近藤プロだと思い、その近藤プロからの出を逃したくないの。ドラのpai_s_nan.jpgも2枚出なので、ここは勝負のリーチをかけました」

     この瞬間、満貫イーシャンテンの近藤は両手首をそれぞれ反対の腕でこするような動作を繰り返していた。いよいよ決着の時か。そんな気持ちで武者震いしていたのだろうか。

    e975a40e051e673b45842c7abb6ba1dac24bdb1e

     だが、近藤の手がテンパイする前に前田がpai_s_7p.jpgを引き寄せ、新最強位の誕生となった。

    0f8a0aacfd3a3233ce6edaf2661e1b856da4018a

    3dbe11a3b263d08b2c9650e6a2678430c7f7388e

    前田「まずはホッとしました。タイトルを獲った時はいつもそうですけど、喜びよりもホッとします。今回の最強戦は応援してくれる人達の為に戦うと決めていたので、その思いに応えられたことが嬉しかったです」
     普段は会社員勤めをしながら、数少ない休日をプロ連盟の原稿執筆や配信の解説に充てているという前田。最強戦の賞金は、趣味の料理のために高級食材を購入したいと語った。それを食べたとき、はじめて最強位の実感が湧くのかもしれない。

    30a19078c567eb8a6854cbee06d05704449b08f1

    (決勝卓詳細レポートはこちら



    すげえ一打 十段位・柴田吉和プロ

    トップまで17800点差のラス前。親のない柴田は1巡目にpai_s_1m.jpgを暗槓。ドラ受けのできるpai_s_8p.jpgをツモったがすでにpai_s_9p.jpgを捨てている。さてどう打つ?

    南3局 西家・柴田 7巡目 26100点持ち
    3c08a58d0d26fbd6e86ca1675c877811e4e7ee76

    柴田、打pai_s_4s.jpg

     直前に打pai_s_9p.jpgでカンチャンターツを払ったが、すぐに裏目のpai_s_8p.jpgツモ。ここで柴田はフリテン受けになるピンズを残し、pai_s_2s.jpgpai_s_5s.jpg受けのターツを払っていく。ドラが必要な状況であるのは明らかだが、どういう思考でこの決断に至ったのだろうか?

    前田「1巡目のpai_s_1m.jpg暗槓で新ドラが乗らなかったため、リーチツモのアガリを強く意識した手組みをしました。また、あの点数状況では、ツモか藤田さん直撃以外のアガリは全く頭にありません。先にpai_s_9p.jpgを捨てたのは678の三色+ドラ引きの可能性を考えたからです。そこからのpai_s_8p.jpgツモですが、pai_s_7p.jpgpai_s_8p.jpgはドラ受けになるので選択肢になく、三色を意識すればpai_s_4s.jpgpai_s_3s.jpg落としです。打pai_s_4s.jpg以降もオリないので『先にpai_s_8m.jpgを引いて三色めができないかな』と考えていましたね」

    想定していた理想形

    pai_s_6m.jpgpai_s_7m.jpgpai_s_8m.jpgpai_s_6s.jpgpai_s_7s.jpgpai_s_8s.jpgpai_s_7p.jpgpai_s_8p.jpgpai_s_9m.jpgpai_s_9m.jpg pai_fuse_take.jpgpai_s_1m.jpgpai_s_1m.jpgpai_fuse_take.jpg ドラpai_s_6p.jpg 槓ドラpai_s_sha.jpg

     この一打のポイントは点数が必要な状況であり、脇からの出に価値がないということ。だからこそフリテンになる可能性があってもドラ受けを残すし、三色目の残るターツは捨てない。柴田にとって打pai_s_4s.jpgは自然な一打だったのだ。
    次回配信予定
    • 2016/08/07
      麻雀最強戦2016 女流プロ代表決定戦・激突!タイトルホルダー レポート
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    麻雀最強戦ブロマガ
    更新頻度: 週に一回以上
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥864 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。