• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

麻雀最強戦2016ファイナル決勝戦 レポート
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

麻雀最強戦2016ファイナル決勝戦 レポート

2017-01-08 17:00
    3000分の1の奇跡

    本命・多井が突っ走る


     麻雀最強戦ファイナルのスタジオではC卓の対局が進んでいた。それを眺めていた多井隆晴は、解説抜け番の村上淳に向かってこう言った。
    「村上、勢いって知ってる? A卓が鳳凰位の勝又(健志)、B卓が雀王の角谷(ヨウスケ)。となれはC卓も分かるでしょ?」

    7697d3e2516ca7eaf6aead630e577a59dee3c9f7

    f90848531de2b21ab2d1dd8c33497c34a60884b8

     A卓B卓とも現タイトルホルダーが勝ち上がったということを言いたいらしい。村上はこれを軽く聞き流していたが、多井の言う通りC卓も現最高位の近藤誠一がリードする展開で対局が進んでいた。

    29637f4c26794b0385591400148f2c7dc35efd19

     ところが、その近藤がある一打をきっかけにリードを失っていく。それはもう1人の近藤、近藤千雄(かずお)に放銃したリーチ裏1の3900だ。これによって瀕死のラス目だった千雄が息を吹き返し、逆転勝利を飾ったのである。

    aee4c2a64ca02e354debe58981fe50054675f3e0

    a2048a04d643731e9e1846042b8700444d45184a

     そしてD卓からは多井が圧勝で勝ち上がりを決め、今年の頂点を決める半荘1回勝負の打ち手が出揃った。

    3b2a2f920afd306a312787af05aec58f72ecce4c


     対戦相手の3人が決まった瞬間、
    千雄「ファイナルでは同じ協会の角谷くんと二人で強豪プロに挑んでる気分だったので、角谷くんが残っているのは単純にうれしかった。どうせなら強い相手を倒して最強位になりたいので、そういう意味で勝又さん・多井さんは理想の相手でした」
    と思ったそうである。

     決勝戦、並びは起家から勝又・角谷・千雄・多井の並びで始まった。
    5aa3bc285f40fb7f18343ba0c106be25b118cb0e

     今年、麻雀日本シリーズ連覇・RTDマンスリーを圧勝した多井が、一発勝負で有利な北家を引いた。いや、引いたというより、場所決めの掴み取りで最後に残った1牌がpai_s_pe.jpgだったのだ。多井がラス親ということで、彼の最強位獲得を予感した人も多いだろう。

    098f77801b1988a2bd5cb7f2662136e9980d7ed8

     実際、東場は多井の独壇場といっても差し支えないゲーム展開だった。東1局・2局と立て続けに5200をアガって先制。
    42fec4fb8a200cae9864ba4cc4ceec4692546232

     さらに東3局2本場では、西家・勝又の先制リーチに対し、次のテンパイで追っかける。
    東3局2本場 南家・多井
    pai_s_3p.jpgpai_s_5p.jpgpai_s_5p.jpgpai_s_5p.jpgpai_s_1s.jpgpai_s_2s.jpgpai_s_3s.jpgpai_s_4s.jpgpai_s_5s.jpgpai_s_6s.jpgpai_s_7s.jpgpai_s_8s.jpgpai_s_9s.jpg ドラpai_s_3p.jpg

     このアガリ牌pai_s_4p.jpgを一発で勝又から仕留め、裏ドラも乗せてハネ満をゲット。これで多井の持ち点は48800点となる。
    aff6658264d6716e439468cb62df757c30c15e8b

    「やはり多井が強い」

     ギャラリーの間には多井の楽勝ムードが漂っている。だが、3万点台を維持している近藤は、やっと立ったこの舞台でそう簡単に諦めるわけがない。
    千雄「自分の親のチャンス手も流され、多井さん調子いいなあとは思いました。でも、西家スタートの自分にとっては悪くない展開。終盤の一騎打ちになることを想定していました」



    雀荘を貸切にし本番に臨む

     全日本プロ代表決定で優勝し、ファイナル進出を決めた後、千雄は10年勤務した会社を辞め、最強戦が終わるまで麻雀に専念することを決めた。

     空いた時間は天鳳を打ち、各プロ団体のタイトル戦の観戦に充てていたという。さらに、天鳳位の就活生さんを始めとする天鳳民とのセットや、オクタゴンで最強戦リーグを打って本番に臨んだ。前日には一人で焼肉に行き、6000円のシャトーブリアンを含め15000円を食べ、ツイッターで「明日、200倍(優勝賞金の300万円)にする」と宣言していた。

     と、ここまでは麻雀プロがよくやる調整であろう。驚くのはここからで、実は千雄はファイナル当日にもスタジオそばのセット雀荘を自腹で一日貸し切りにし、プロ協会の選手に無料開放していたのだ。もちろん目的は直前にトップ取り麻雀を打つ練習をするためである。
    千雄「最初の出番がC卓なので、会場入り前に牌を触ってから行きたいと思いました」

     実際には9時会場入りだったので、いったん会場に足を運んだ千雄だったが、A卓B卓が配信されている間に会場を抜け出し、その雀荘に向かった。実はその雀荘は、元最強位の福田聡プロの経営する九段下「ノーブル」である。

    8720048e31ab5d783f3b55796eb50a41a8472936

     東場だけ最強戦ルールを打った千雄、6000オールをツモって戻ってきたそうである。それにしても、本番当日に雀荘を貸切にしてまでの調整というのは初耳だ。いかにこの対局で勝つことが大切か、そして悔いの残らないように準備して戦いたいという千雄の執念も伝わってくる。


    追いつく千雄、振り払う多井

     南2局1本場5巡目、南家の千雄の手はダブpai_s_nan.jpgとドラのpai_s_6s.jpgがトイツとなる。
    c63981ed788e755d7f24580871358f0a64869c19

    b915b0e6feb9e2e712773fe0dc1311b83dc051e8
     これを決めれば一気にトップ目の多井に迫ることができる。だが、ダブpai_s_nan.jpgが鳴けた直後に親の角谷からドラ切りリーチが飛んできた。千雄もこれをポンして臨戦態勢を取る。

    36ee96fb09355413e4d2e1c5b39f36a1cb1e25e1

     千雄はpai_s_2p.jpgpai_s_3p.jpgpai_s_3p.jpgpai_s_4p.jpgのターツを手牌の両端に置き、pai_s_1p.jpgpai_s_4p.jpgpai_s_2p.jpgpai_s_5p.jpgのチーテンに備える。だが、皮肉なことにそこで余るpai_s_5m.jpgが角谷のロン牌だった。

    bcc2f0ee00b1290fa628d60cc51f77a294e11b7b

    291bfa37ebd41590d14d3d06ffcf87a8ce43f4c0

    「これは助からない」とギャラリーが誰もが予感した瞬間、千雄がツモったのはpai_s_6m.jpgである。打pai_s_3p.jpgpai_s_4m.jpgpai_s_5m.jpgpai_s_7m.jpgという最高のテンパイ形で追いついた。直後、勝又の追っかけリーチがかかるも、千雄がpai_s_4m.jpgをツモって決着。リーチ棒2本も奪って最高の形で最後の親を迎えることになったのである。

    57c9fa4dfc0b2aaf476aad882ef9672d2721d133

     勝又・角谷の親は落ち、場は完全に千雄・多井のタイマン勝負。南3局は、親の千雄が500オールのアガリを拒否(囲み記事参照)して多井に1人ノーテンを押し付け、ついに千雄が2100点のリードでトップ目に立ったのだ。

     だが、多井とてここで引き下がるわけにはいかない。今年は麻雀日本シリーズを連覇し、RTDマンスリーリーグでも6連勝(全8戦)で完全勝利。対局だけでなく、解説者としても数多くの番組に出演するようになった。麻雀に年間MVPというものがあるならば、今年は多井であるのは疑いようもない。その最高の年を締めくくるためにも、最強位の座を簡単に奪われるわけにはいかないのである。
     トップ目に立ち場の空気は完全に千雄のものだと思われた次局、多井はそのムードを一撃で振り払う。
    109c65e7f5e8cb84d5efc3eccfa606aa2d81def0

    南3局1本場 南家・多井
    7cca688a6bcb21f18fa92a30adb642b804d1ced9

     マラソンで先頭走者に頑張ってようやく追いついたのに、そこで今まで力を溜めていたかのごとく差し返される。千雄の心を折るような1300・2600のアガリであった。



    運命を分けたドラのpai_s_pe.jpg

     オーラス。親の多井はアガリかノーテン流局で優勝。千雄には1300・2600ツモか満貫の条件が課された。その千雄の配牌はこうだ。

    a8f4e258b87d21f152faefa58bcf5649b09fd6ba

    7d1bba8111239919f416d3907f4d1149de77e11a

     決して良いとは言えない。条件を満たすアガリはおろかテンパイすら入らない可能性も高そうだ。
    千雄「(左8が出て)『中張牌出ろ』と念じながらドラをめくりましたが、表示牌がpai_s_sha.jpgでがっくりしました。せめてメンタンピンと思って配牌をとり始めたら8枚。字牌が4枚もあったので『あーだめか』と思いました」

     ところが次巡、ドラで役牌のpai_s_pe.jpgを重ね俄然やる気が出る。これならpai_s_pe.jpgドラ3でもリーヅモドラ2でもよい。

     一方、多井の手牌は4巡目にこうなった。
    4c86f0899fc979152c42f8f90a95976b4656c621

    a2dd952908030b852f230750511bde2cd2ee309b

     俯き、そして場を見渡し、再び俯いて長考する多井。自手はカンチャン残りだがピンフ含みの2シャンテン。pai_s_pe.jpgを捨てたいのは山々だが千雄にポンされれば一気に大ピンチに陥る。だが、1300・2600ツモの条件ならドラなしでも仕上げられてしまう可能性も十分ある。何十年もの麻雀人生を振り返り、無難な安全策を採って勝利を掴めたことが過去何度あったか…。そうはないはずだ。ここはリスクを冒してでも自力でケリをつけるべきだ。そう判断した多井はpai_s_pe.jpgを打ち出す。

    「無事通過してくれ…」と祈る多井だったが、最悪の相手・千雄からポンがかかってしまった。

    689707304663d17bd7dc45f3507f09408ccde01e

     こうなれば千雄は真っすぐアガリに向かうのみ。10巡目にテンパイにこぎつけた。
    3cca158d9a932accdadd3d658dbaa4e6853dd6e4

    b4f64b9eb02b8fcded700a28ac85b47eec4c1e9e

     多井もピンフから食い仕掛けの利く一通含みの形に組み変え、必死に抵抗していたが、直後に千雄のロン牌pai_s_4p.jpgを掴んでダウン。運命を残りの牌山に託した。この時点でpai_s_1p.jpgpai_s_4p.jpgは山に4枚。

    13ce1bb404e9946137f4cae556b314d0d569fd8b


     1牌1牌力を込めてツモる千雄、ツモらないでくれと祈る多井。それが四度繰り返される。が、ついに15巡目、千雄の手にpai_s_4p.jpgが舞い込んだ。全日本プロ代表決定戦に出場した選手が200名弱から勝ち上がり、16人参加のファイナルを制した千雄。まさに3000分の1の奇跡を成し遂げた瞬間だった。

    8ec2dc70d61b905cb6b182d02202dc2f4d588b26

    fd424d3ff73ff18d60a48556e6ae9665e864d522

     対局直後、さらに数日たった今でも「多井のpai_s_pe.jpg切りはどうだったのか?」と話題に挙がっていた。「1巡目に切るべきでは?」「テンパイまで抱えた方がよかった」と様々な回答があった。だが、誰も多井の一打を責めるような意見はない。それはやはり現役最強の打ち手が、過去の経験を踏まえつつ、重圧のなか下した重い決断だ。咎められる人がいるとするなら多井ただ1人である。むしろ今回は千雄の完璧なる準備と執念が引き寄せた勝利を褒めるべきではないだろうか。

     表彰式を終え、打ち上げの席で多井は解説の村上とずっとpai_s_pe.jpg切りの話を続けている。そこから約1時間。諸々の取材や手続きを終え、ようやく勝者がやってきた。多井は立ち上がって千雄を祝福し、次回のリベンジを誓ってその席を後にした。翌日も対局がある多井は、本当は早く帰宅したかったはずだ。だが、勝者を称えるまで待っていた。それが多井なりの心の整理なのだろう。

     一方の千雄には大きな喜びとともに、これから1年が勝負の年になる。昨年、10年働いた仕事を辞めた千雄だが、これからどうするのかを尋ねてみた。

    cd73f2e3dbf326789d72edb3675f2fd895a52def

    千雄「とりあえずしばらく就職はしないつもりです。自宅でPCで作業しながら収入に繋がらないか模索しようと思っています。自分の麻雀がこれから初めて注目されると思いますので、最強位として恥ずかしくない麻雀を打っていきたいと思っています」

     麻雀プロにとってタイトルを獲るのは大きな目標である。だが、本当に大事なのは獲ってからの活躍だ。千雄にとって飛躍の1年になることを祈っている。



    近藤千雄の選択

    ラス前、トップ・多井と1900差の東家・近藤。最後のツモでアガリ牌の[○3]を引き寄せた。多井にテンパイ気配はない状況で近藤はどうしたか?

    南3局 東家・近藤 18巡目 39800点持ち
    49f6bb24ece14c19c3f8ffcdfdab4c99e3ce04e8

    近藤、アガらずに打pai_s_1m.jpg

     近藤はここでアガらずに流局してノーテン罰符を得ることを選んだ。

    近藤「親の自分はテンパイ気配がかなり出ていて、手が悪そうな多井さんは危険牌を捨てず明らかに受けていました。一方、勝又さんは結構強くきていました。が、終盤に勝又さんが仕掛けを入れ、アガリよりテンパイ料狙いに切り替えたのが分かりました」

     この段階で残りは1牌。テンパイ料狙いの打ち手がアガって親を流されるリスクはまずなく、確実にテンパイ料をもらうことが可能だ。トップ取りの麻雀では、アガリ点の多寡より「相手との点差」が大切だ。テンパイ料は最低だと1000点しかもらえず、アガリの1500点より少ないかもしれない。が、ターゲットがノーテンなら500オールをアガるより確実に点差を詰める(広げる)ことができる。結果、多井の1人ノーテンとなり、アガリより倍の点差を詰めることに成功したのだ。

     終盤で1ハンのテンパイであればアガリよりテンパイ料のほうがデカい。ただ、相手にアガられるリスクもあるので、残りツモ枚数と他家のテンパイ気配の確認だけはお忘れなきよう。
    次回配信予定
    • 2017/01/22
      麻雀最強戦2016 全日本プロ代表決定戦 レポート
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    麻雀最強戦ブロマガ
    更新頻度: 未定
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥864 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。