• このエントリーをはてなブックマークに追加
岡田斗司夫プレミアムブロマガ「【ゼミ室通信】宮崎駿は一秒でも長生きして俺たちを楽しませて欲しいね」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

岡田斗司夫プレミアムブロマガ「【ゼミ室通信】宮崎駿は一秒でも長生きして俺たちを楽しませて欲しいね」

2018-02-15 07:00

    岡田斗司夫プレミアムブロマガ 2018/02/15

    おはよう! 岡田斗司夫です。

    岡田斗司夫アーカイブチャンネルの会員は、限定放送を含むニコ生ゼミの動画およびテキスト、Webコラムやインタビュー記事、過去のイベント動画などのコンテンツをアーカイブサイトで自由にご覧いただけます。
    サイトにアクセスするためのパスワードは、メール末尾に記載しています。
    (※ご注意:アーカイブサイトにアクセスするためには、この「メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ」、「岡田斗司夫 独演・講義チャンネル」、DMMオンラインサロン「岡田斗司夫ゼミ室」のいずれかの会員である必要があります。チャンネルに入会せずに過去のメルマガを単品購入されてもアーカイブサイトはご利用いただけませんのでご注意ください)

    今日は岡田斗司夫のゼミ室通信をお届けします。
    DMMオンラインサロンの岡田斗司夫ゼミ室では月に1回オフ会があり、ここで質問や相談を受け付けています。

     今回は1月大阪オフ会を関西弁でお届けします。

    やっぱり宮崎駿という人間は面白いぞ!

     なんやろう、この第何次かの“宮崎駿、やっぱり面白いぞ”感は(笑)。
     『風の谷のナウシカ』って、周りが砂漠化してるの。
     でも、この砂漠化って砂と違うねん。
     あれは高度産業時代に、人類が作った“セラミック文明”っていうのがあって、そのセラミックが粉々になった砂やねんね。
     なので、草が生えへんの。
     自然の砂と違って。
     僕らの世界で言うプラスチックみたいなもんで。
     セラミックの破片が粉々になって、サラサラして砂みたいに見えるっていう話なんですよ。

     で、それを高畑勲は「劇場版のナウシカで描け!」という。
     「そんな設定は描け!」と、「文明批判になっている!」と。
     で、宮崎駿は、それに対して何て言うかっていうと「そんなのを描いてるから高畑さんの映画は『おもひでぽろぽろ』みたいに説教くさくなるんだ!」と。
     「俺は共産党の映画を作ってるんと違うぞ!」と(笑)。
     『人類がこんな愚かな事をしたら、こんな姿になった』
     『それに対して自然は、こんなふうに復活しているのです』
     「そういうのは、あんたの考えであって、俺の映画はそんなのではない!」というふうに言うてんねんけども。
     これは宮崎駿が言うたこと。
     この「高畑勲が、こんな事を言った」というのは、仲間だからディスるという高畑勲に対する面白話をしながら、そのアイデアを不採用っていうのもあんのやけども。
     最近、僕が思う「宮崎駿は、こうじゃないのかな」と掴みかけた仮説は、宮崎駿は、このアイデアを没にするのがすごいもったいないワケやねん。
     だからといって、映画の中に入れる時間は確かに無いと。
     なので、どうするのかというと、インタビュアー相手にグチる事によってネタを出したいと。
     そういうのが、いくつもあんねや。
     たとえばナウシカのラストシーンって、王蟲は幼虫で、成虫になって宇宙に飛んでいくって考えもあってんて。
     すっごい意外やん。
     で、なんでそれをボツにしたかっていうと、「きっと手塚治虫だったら、こうするに違いない!」と言うんやけど、手塚治虫は そんなん せぇへんよ(笑)。

     それは何かっていうと、自分の中で思いついたアイデアを消したくないねん。
     だから「きっと手塚治虫だったら、こうするでしょう!」と言うてんねんけど。
     そう思ってみてみると、宮崎駿の発言の中で「きっと手塚治虫だったら、こうするだろうけど!」 というのが、なんと多い事かっていう。
     全部、それを自分のボツアイデアに関して言ってるの。
     自分のやりたかったボツアイデアに関して。
     だから王蟲が成虫になって宇宙に帰っていくのを、何で採用せぇへんかったかっていうと、それはナウシカの元ネタがやっぱり『モスラ』やったから(笑)。
     モスラって、幼虫が日本に来て、成虫になって、ニューヨークを破壊して。
     それで最後に小美人を乗せて元の国に帰るやから、実は基本はナウシカやねん。
     基本プロットは、実はナウシカってモスラと同じやねん。
     それも、かなりビックリするぐらい同じやの。

     でも宮崎駿は、バレる事はあんまり気にしてへんの。
     ただ、思ってるのは「それをやると、手塚治虫になる」って、心の中の手塚治虫がいるから(笑)。
     宮崎駿と手塚治虫は、おそらく会ったことは無いと思う。
     けども東映動画の古い人たちは、一方的に手塚治虫の事を恨みに思ってる。
     アニメの単価を下げてしまって。

     宮崎駿って、こういう人やねん。
     ボツアイデアを、ボツのままで終わらせたくないので。
     一つの方法として「こんな考えがあって、こうやろうと思ってたんですよ!」と言って、「えぇっ、すごい!」って言われるというやり方もある。

     一つとしては、そういう事を、一切言わないという方法もある。
     高畑勲は、そうらしいねん。
     高畑勲って、心の中でボツにしたアイデアを、口(くち)にせぇへんねんて。
     作家として、いさぎがいいよね。

     でも宮崎駿は “いさぎいい”とは真逆の人やから、言うし、コンテにまで書いて見せるねん(笑)。
     で、誰かにウケたら、それを目の前でゴミ箱に捨てるねん。
     成仏させるみたいな。

     面白いよね、こんなヤツがまだ生きてて、「引退する」って言うて、また復活するっていうのって。
     一秒でも長生きして、俺たちを楽しませて欲しいね(笑)。

    アーカイブサイトへのアクセス方法

    限定放送を含むニコ生ゼミの動画およびテキスト、Webコラムやインタビュー記事、過去のイベント動画など、岡田斗司夫のコンテンツを下記のアーカイブサイトからご覧いただけます。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    入会して購読

    チャンネルに入会して、購読者になれば入会月以降の記事が読めます。

    入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    ブログイメージ
    岡田斗司夫プレミアムブロマガ
    更新頻度: 毎日
    最終更新日:2018-02-17 14:52
    チャンネル月額: ¥2,160 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    ニコニコポイントで購入

    当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    次回配信予定
    • 2018/02/21
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「ミュンヘン市街のなんちゃってゴシック」
    • 2018/02/22
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「【ゼミ室通信】ニコ生アニメ解説秘話・グレーゾーンとホワイトゾーン」
    • 2018/02/23
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「ウーマンラッシュアワー村本炎上、問題はどこにある?」
    • 2018/02/24
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「Netflixが引き起こす、日本アニメ業界の激震」
    • 2018/02/27
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「なぜバットマンは悪と戦うのか? アメリカと日本のスーパーヒーローの違い」
    • 2018/02/28
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「『へうげもの』古田織部がもたらした日本のルネサンス」
    • 2018/03/02
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「ドールハウスは、大人のために作られた!」
    • 2018/03/06
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「人口が10億人を超えている中国は、日本人の常識が通用しないSF的世界だ」
    • 2018/03/09
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「『へうげもの』古田織部の焼き物は、戦国時代のユニクロだ」
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。