• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

【ドキュメンタリストの穴】第五十八回 生放送を終えて【我妻和樹】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ドキュメンタリストの穴】第五十八回 生放送を終えて【我妻和樹】

2018-02-23 19:00
    ドキュメンタリストの穴

    INDEX

    ■about ニコニコチャンネル【ドキュメンタリストの穴】

    ■お知らせ

    ■from スタッフ一号

    ■現場写真

    ***************

    ■about ニコニコチャンネル【ドキュメンタリストの穴】

    e4c971aa06decdc62799d7bc8fed023fde58b537

    <番組について>
    □ニコニコチャンネル【ドキュメンタリストの穴】(=通称【DQ-ANA】)は、「ドキュメンタリスト」専門の対談番組です。
    毎回、話題のドキュメンタリー監督らをゲストに招き、心の深淵と作品について話し合います。


    <生放送>
    □月1回・2時間程度の対談生放送を予定しています。


    <ブロマガ>
    □最新情報・生放送の予定といった「更新情報」のほか、毎回の対談に併せた「対談の感想」「編集後記」などが配信されます。


    <料金>
    □【ドキュメンタリストの穴】のすべてのサービスをお楽しみいただくにはチャンネル入会が必要です。「月額324円」ですべてお楽しみいただけます。


    <チャンネル会員・非会員のサービスの違い>
    □対談生放送の【前半部分は無料】です。チャンネル会員・非会員どなたでも視聴可能です。
    □対談生放送の【後半部分から有料】です。チャンネル会員のみ、対談の続きが視聴可能です。

    □ブロマガの「更新情報」は無料です。チャンネル会員・非会員どなたでも閲覧可能です。
    □ブロマガの「対談の感想」「編集後記」はチャンネル会員のみ閲覧可能です。

    ***************

    ■お知らせ

    我妻和樹監督最新作『願いと揺らぎ』は2018年2月24日(土)よりポレポレ東中野ほか全国順次公開!
    舞台挨拶・ゲストトーク情報などもありますので、公式サイトをチェックして劇場へお越しください!
    会場にいる我妻監督に、「ドキュ穴観ました!」とお伝えすると、とても喜びます!

    ※『願いと揺らぎ』公式サイトの劇場情報
    https://negaitoyuragi.wixsite.com/peacetree/blank-7

    2e4131344b5e1a24d3a9e48c602fbdfeefcfcbaa
    (撮影:森谷博)

    ***************

    ■from スタッフ一号

    6dfa904e41ae5277a2f1ceb51db74662ffe739e3

    <第五十八回生放送を終えて>
     【ドキュメンタリストの穴】第五十八回、無事生放送終了。今回のゲストは、新作『願いと揺らぎ』が2月24日(土)から公開の我妻和樹監督。
     宮城県白石で生まれ育った我妻監督と、秋田出身、仙台で予備校時代を過ごしたMC金田ディレクター、そして次男という共通項のある二人でなければできない、都会からすれば面倒くさく見える地域や家族のつながりを巡るディープな対話が展開。(隠れテーマはアフロvsモヒカン対決。写真参照)
     我妻監督、実は小学5年のときに映画『赤毛のアン』(実写版)を見て感動し、映画作りの炎が燃え始めたそうですが、そのまま映画作りの道へハマるわけではなく、民俗学の道へ入り、その流れで前作『波伝谷に生きる人びと』を完成させたのです。 
     そんなドキュメンタリー映画界で育ったわけではない我妻監督の第2作『願いと揺らぎ』は、昨年の山形国際ドキュメンタリー映画祭にて、インターナショナルコンペで選ばれたふたりの日本人作品のうちのひとつ。(もうひとつは、みなさんご存知、原一男監督作品。)錚々たる作品の中、この『願いと揺らぎ』が選ばれたのは? 
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。