• このエントリーをはてなブックマークに追加
【第274号】努力と運と・・
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【第274号】努力と運と・・

2020-01-27 07:00
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    山田玲司のヤングサンデー 第274号 2020/1/27

    努力と運と・・

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    30dd416b484e22685e2699e762236cea169855c9

    いや〜・・


    昨日のヤンサンアカデミー賞が凄すぎて、余韻で大変です。

    ヤンサンアカデミー賞は「3分動画の選手権」今回のテーマは「ミュージカル」でした。



    予想はしていたものの、応募作の熱量が凄まじく、放送当日も大変でした。

    僕らレギュラー陣は、応募してくれた「3分間のミュージカル」を放送中に初めて観て、

    「どうですか?」と聞かれるわけです。


    どうですかもこうですかも、そんなもん言葉になんかできるもんじゃない。


    すべての作品に「その人」がいるのを感じるからです。


    彼らは賞金も貰えないのに全力でオリジナル作品を完成させ、その上みんなの評価をうける覚悟をして応募してくれた人だ。そういう人が(この番組だけで)28人もいる!!


    これだけでも「物凄い希望」だ。


    作品からは、今の世の中に溢れている「お金のために作られた商品」には決してないものが沢山ある。


    僕は感動しながら全ての作品を観ていた。



    「これを待ってた」という感じだった。




    こういう「自分をさらけ出した挑戦」は、失敗したら自分が否定されてしまうかもしれない可能性がある挑戦です。


    これは勇気がないとできない。

    挑戦するまでは無敵なのだけど、挑戦したら自分に順位がついてしまう。

    傷つくかもしれないし、苦労が報われないかもしれない。


    下手をしたら自分自身が否定されるかもしれない。


    それでもやる。


    うまく言えないけど、そういうのってホントかっこいい。

    ad1f03158579fa430d83fe03378cf7d8b1cff7d9




    【日本人は映画を観ない?】


    日本人は平均すると年に1回くらいしか映画館に行かないという。

    近年は邦画にいい作品が増えている、とは聞くけど、映画館にまでは行かないらしい。


    マクガイヤーが「川村元気とか山崎貴の映画ばかりだったら誰も映画館に行かなくなる」みたいな事を言っていたけど、僕も本質的には同感だ。


    それは川村氏や山崎氏の問題というより「確実に利益を上げること」を最優先して企画を進めているのが透けて見える作品ばかりだからだ。


    「売上実績のある漫画原作か過去の人気アニメの焼き直し」「集客確実なファンの多いアイドルの起用」「手堅くまとめられる監督の乱用」みたいなのがポスターに並んでる。


    見る前から「魂の抜けた映画」に見えてしまう。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。