• このエントリーをはてなブックマークに追加
【第276号】猫の弱音
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【第276号】猫の弱音

2020-02-10 07:00
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    山田玲司のヤングサンデー 第276号 2020/2/10

    猫の弱音

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    015c6eff5181d459f64dabb3a066cb5e1d370bd1

    「愛される男」というやつは、余計な事を言わないという。


    これは「ほぼ間違いない」と思う。


    何度も書いてきたけど、どうやら「愛される男」ってやつは顔や筋肉だけでは決まらないらしい。


    ファッションセンスや髪の量や「明晰な頭脳」でもない・・・


    いやいや、もちろん見た目がいいのは武器になりますけどね。


    出会いのチャンスは格段に増えるし、「見た目だけよければそれでいい」という女の人もいる。


    ところがそれだけでは長くは続かないし、ましてや「自分を理解してもらう」のは難しい。


    この辺が面白いし、悲劇でもある。


    何が悲劇って、男が本当に求めているのは「本当の自分を受け入れてもらうこと」だからだ。(これは女もそうだよね)


    見た目やら肩書で好かれても、本当の自分を受け入れてもらえないと虚しさは募る。



    そんなわけで、実はほとんどの男は「本当の自分」を受け入れてもらえず泣きながら震えている。


    そして延々と「理屈」をこねくり回して一人懊悩している。


    理屈。理屈、理屈の日々だ。




    「なんでそんなことを断言できるんだ?」って?


    それはもう・・僕がそうだったからです。失笑。


    経験が少ない時ほど「みんな何も考えてねぇ!」なんて思ってるもので・・・


    僕が20代の時はそれはもう酷いもので・・


    「自分は正しい」「みんなバカ」とか、公然と言っておりました。

    おまけに、そんな面倒くさい僕と付き合ってくれてる彼女に「もっと考えろよ」なんて偉そうに言っておりました。


    いやいや・・彼女も考えていたのです。本当は。ものすごく。



    そもそも「正しさ」なんてものがあると信じている時点で困ったものなんだけど、どうにもそれが止められなかったのです。


    なんで止められなかったか?


    「自分を受け入れて欲しかった」からですよ!失笑。



    なので僕は「理屈」だの「正論」だのを女の人にぶつけては、毎度ひとりぼっちになってる男が愛おしい。


    悲しいけどそれが男。


    「余計な事」さえ言わなければいいのに「わかって欲しい」から言ってしまう・・・


    なんて辛い構造なんだろう。




    【猫モテ】

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。