• このエントリーをはてなブックマークに追加
(有料)サウジによるジャーナリスト殺害問題が世界の原油、物価、金利の上昇圧力を高める懸念について
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

(有料)サウジによるジャーナリスト殺害問題が世界の原油、物価、金利の上昇圧力を高める懸念について

2018-10-19 01:20
    トルコのサウジアラビア領事館内でサウジ出身のジャーナリストが殺害された疑惑が世界的な大問題になっている。

    この人権侵害事件が過熱すれば欧米諸国によるサウジへの
    経済制裁が行われる懸念もでてくる。

    サウジへの経済制裁が行われることで原油価格の上昇、物価
    上昇、金利上昇となる可能性がある。

    そうなれば深刻な影響を世界経済に与えるだろう。

    この事件の背景と原油価格上昇が与える世界経済への
    影響について解説する。

    <参考記事>
    ・米サウジ対立で原油上昇の恐れ 石油元売り、供給不安で 静岡新聞 10月18日
    http://www.at-s.com/news/article/economy/national/554830.html

    オイルショックは急激なインフレ・高金利政策・不況・債務問題を引き起こした THINK MONEY
    http://thinkmoney.mobi/post-1400/



    クリックして拡散のための応援をお願いします


    br_c_4523_1.gif
    社会・政治問題ランキング  
     
     
     
    (以下有料)

     
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。