• このエントリーをはてなブックマークに追加
参議院選の争点その2 在日米軍の日米合同委員会の支配構造にメスを入れる可能性のある野党に投票
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

参議院選の争点その2 在日米軍の日米合同委員会の支配構造にメスを入れる可能性のある野党に投票

2022-07-04 11:12


    今回の記事は、7月10日の参議院の選挙の争点についての2回目。


    1回目は憲法改悪の阻止だった。

    <リンク>参議院選が公示 改憲勢力が勝利すれば、緊急事態条項が追加され民主主義の脅威になる


    2回目は、日本の政策を決めているのは、内閣でも国会でもなく

    日米合同委員会が決めている。

    その支配構造を変えない事には、日本の主権と民主主義は成り立たないという事について。


    日米合同委員会では、在日米軍の運用について、米軍の代表と日本の主要官庁の上層部が

    毎月2回ほど話し合う。


    そこで日本の政策の多くが決められているという。

    鳩山由紀夫は「総理大臣になるまでは、法案は国会で決まると思っていた。ところが総理大臣なってみれば、重要法案の大半が日米合同委員会で決まるのでびっくりした」と語りました。だから選挙は有権者のガス抜きに過ぎないのです。

    『無思考国家 -だからニホンは滅び行く国になった-』より

    ― まりなちゃん (@t2PrW6hArJWQR5S) June 27, 2022

    これが民主党政権の鳩山元首相の感想である。


    首相でさえ、日米合同委員会の支配について首相になってから知ることになった。


    抗おうとすれば、マスコミと東京地検などを総動員して、田中角栄元首相や、鳩山元首相のように潰される。


    日本の政策が、米国の要求する通り、思惑通りに進展していくのは、

    米軍と官僚の密約によって行われているからだ。


    つまり選挙で必要なことは、


    この在日米軍の命令機関である日米合同委員会の支配構造に、

    メスを入れることが出来る政党を応援すること。


    これは与党の自民や公明、ゆ党(与党と野党の間)の維新、国民民主では不可能だろう。


    可能性のある政党では、野党の共産党、れいわ、参政党

    くらいか。


    これらの政党の議席を増やさないことには日本の民主主義は

    米軍の手の平で踊らされ続けるまでである。


    この支配の仕組みがどのようにして形成され、

    運営されてきたのかを知りたい方は

    こちらの新刊をお読みください 




    <リンク>
    新刊のご案内 『フリーメイソン最上層部により隠されてきた民主主義の真の原理』 690円(税込) | 天野統康のブログ  (ameblo.jp)




    ・記事の関連図解


    現在の日本の政治



    理想の日本の政治


    ・記事の関連本


    (記事終了)


    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

     

    ■操作される日米欧の自由民主制(資本主義経済と民主政治)のモデル

     

     

     

    ・現在の自由民主制の欠陥を克服し、民主主義の完成を目指す理想の社会モデル

    3e458610836679e441b534159b781467366d0852



    ・上記の全体像の詳しい図解の説明はこちら

    <リンク>【操作される資本主義経済 図解のまとめ】

    <リンク>【操作される議会制民主主義 図解のまとめ】

     

     

    ■日米欧の自由民主制の隠されてきた仕組みについての詳しい解説は

    こちらの本をお読みください。


    <リンク>天野統康の本 amazon



    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ 

     

    ■寄付・支援のお願い

    当ブログでは真の民主社会を創るために必要な

    情報発信や研究などの活動を行っています。

    独立して活動をするには、時間や労力、お金がかかります。

    是非、皆様のご支援をお願いいたします。


    ・みずほ銀行

    ・立川支店

    ・預金種目:普通

    ・口座番号:2478209

    ・口座名:アマノ モトヤス

    ※入金されたお金のご返金は原則としてできません


     

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。