• このエントリーをはてなブックマークに追加
国際金融軍事権力の民主主義の二重の操作方法 世論誘導と三権(行政、立法、司法)への直接的な利益提供
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

国際金融軍事権力の民主主義の二重の操作方法 世論誘導と三権(行政、立法、司法)への直接的な利益提供

2014-06-20 16:58

    5ade8c41aa4095dc37388e4224c149ce52d73b99

    今回は国際金融軍事権力の日米欧などの自由民主主義の三権
    (国会の立法権・裁判所の司法権・内閣の行政権)
    への直接的な操作方法について。


    一般世論の誘導方法については今までお伝えしてきた。

    国際金融軍事権力が望む政策を国民が支持するように
    マスメディアと学術機関の連携で世論誘導をする。

    その流れは以下の図を参考。

    6300b0419dff539d1769526150226ca61c917c82




    一方で、直接的に政治権力に働きかける方法がある。


    政治に利益を提供する代わりに
    業界への利益誘導を働きかけるロビー活動だ。

    このことについて、以下の記事が参考になる。

    (しんぶん赤旗 2014年 6月19日 変貌する経済 財界の策動より転載)

    【財界の老舗シンクタンクに日本経済調査協議会
    (略称・日経調)があります。

    日経調は1962年3月に、経団連、日本商工会議所、
    経済同友会、日本貿易会の財界4団体によって設立されました。


    その提言は、これまで政界、官界に大きな影響を与えてきました。


    <中略>
     


    日経調の報告書には、もう一つ、「内政上の問題」で重大な
    提言を行っていました。

    報告書は、「理論的にみれば、内閣総理大臣はかなりの程度オールマイティー」だと強調。

    「立法、司法、行政をコントロールし、みずからの望む方向に
    政治を指導することが、原理上は可能」だと指摘します。


    <中略>

    財界・大企業が求める多国籍企業本位の国づくりを進めれば
    進めるほど、
    国民経済との矛盾は深まります。
    そのとき、選挙で選ばれた国会よりも、内閣が優先する国家
    体制を作り上げることができていれば、
    国民の批判を恐れる
    ことなく、多国籍企業本位の経済政策を推進することが可能、
    というのがその狙いです。】


    (転載終了)


    三権に利益を提供し、世論のあずかり知らぬところで事を進める。

    それを民主主義の全体像で表すと以下の図の赤い枠で括った範囲になる。


    6b04a57688880788ba738ac000f3feff276663d5

    世論の自由、平等、友愛、真理の諸権利の操作とは別のルートで
    政策に影響を与えていく。

    上記図の赤い枠の範囲をモデルにすると以下のような図になる



    d153671a3659c02df884fbe5d08eedd6733e9dce

    例え国際金融軍事権力といえども、自由、平等、友愛、
    真理の諸権利のルールの中で
    企業献金などのロビー
    活動を
    行っているのであり、民主的な
    権利を無視することは出来ない。

    そのため民主主義における世論操作との相互作用の中で、
    利益提供が営まれているのであり、上記図の赤い枠の範囲
    内に民主の諸権利をプラスしたモデルが全体像となる。

    安倍首相は「日本は世界一企業が活動しやすい国にする」
    と述べている。


    しかし、ここで述べている企業とは、強者としての多国籍企業
    のことであり、赤字企業や中小零細企業は含まれないようだ。


    何故なら、黒字企業に課税する法人税の減税を画策する一方
    で、赤字企業に対して課税を行う
    外形標準課税の増税を計画
    しているためである。



    また安倍政権が行った消費税の増税は、輸出企業には
    一切負担がかからない。


    輸出商品には消費税が課税されないため、輸出商品を作る
    時にかかった原材料を購入する際の消費税は、全て国から
    還付されるためだ。


    消費税増税とは、輸出企業には負担させず、国内の地場産業
    と一般消費者に負担を
    押し付ける多国籍企業にとって非常に
    都合の良い税なのだ。


    多国籍企業に統治されている米国の影響下にあるIMFや、
    日本の経団連が熱心に消費税増税を訴えるのも当然である。


    このような政策を自民党が実行し続けるのも、政権に対する
    経団連などの働きかけの結果である。


    その多国籍企業連合体を組織しているのが、欧米の国際金融財閥であり
    通貨発行権の管理者たちだ。

    以上のように現在の民主主義政治は、国際金融軍事権力に
    よる世論操作と政治への利益提供によって、二重に誘導され
    ているのである。


    ※ブログ記事はリンクフリーです



    =============


    【募集】
     メールマガジン『マネーと政治経済の原理からニュースを読む』では
    皆様からの相談や要望を募集しています。
    どんな些細なことでも結構です。
    メルマガ上で天野統康がお答えいたします。
    家計や政治経済、金融商品の問題で質問したい方は下記からメールをお送りください。

     応募はこちらから。http://ch.nicovideo.jp/letter/ch2526055




    ■お金と政治経済の話はどれも難しい。
    日々のニュースを見ても何故そうなるのかがよくわからない。
    その原因や背景を理解できるようになりたい!

    そのようにお考えの方は是非、下記のリンク先の無料セブン
    ステップメールにご登録ください。


    豊富な資料図解付きで、誰にでも分かりやすく、複雑怪奇に
    見える現在の、お金、政治、経済、生活の仕組みの秘密を
    お伝えします。


    毎日1回。合計7回に渡って貴方のメールボックスに送信されます。
    0790efa4150ce5f3c463dcb82f6e28d977ef5588
    <リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール


    6a4fb4f508be96aab7e7c528bb4c42f4f47b1ba9



    【成甲書房からの内容紹介】

    そうだったのか!マネーと民主主義、すっきり分かる!お金の秘密、世の中のカラクリ。
    とっても重要なのに、あなたはなぜか知らされていません!
    マネーがどのように生まれ、どのように無くなるのか、どのような性質を
    持っているのかを理解していますか?
    複雑怪奇に見える金融システムがひと目でわかる図解解説版。
    こんなに簡単に読める金融の本は今まで見たことがない!。
    本書ではどのようにしてマネーと民主主義が生まれたのか、
    社会派ファイナンシャルプランナーの天野氏が、マネーの支配者によって
    民主主義と経済が操作され、利用されてきたのか、
    さらにはその克服方法までを分かりやすく記述していきます。

    ==================

    アマゾン・ランキング「一般・投資読み物」部門 第1位
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。