• このエントリーをはてなブックマークに追加
情報非公開ファシズム 個人情報保護の名で、友人の生死を知ることができない驚くべき日本の現実
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

情報非公開ファシズム 個人情報保護の名で、友人の生死を知ることができない驚くべき日本の現実

2014-08-24 02:45
  • 1
3f4b275012bc178393bc5a5d035b5be1d1620c35

【今回の話題】

今回は驚くべき情報非公開社会に既に日本がなっていた
という話である。

今年の10月ごろから施行されるであろう秘密保護法は極めて
問題のある法律である。

しかしその法律の施工を待たずに、既に日本は個人情報保護法
という名の驚くべき情報非公開社会、国家情報独占体制になって
いたのである。

そのことについて知ったのは先月、友人が亡くなったことが
きっかけだった。

7月に亡くなったのだが、友人はひとり暮らしだった。

住所は知らなかった。

しかし友人と連絡が誰も取れなくなり、みんなが心配していた。

そこで私が、警察署に生きているか、死んでいるかだけ教えて
欲しいと伝えたら、個人情報なので教えられません、という。

次に役所に電話したら、そこも個人情報なので教えられないと。

平成19年に施行された個人情報保護法によって、人の生死は
親族以外には伝えることができなくなったという。

その理由はストーカー対策だと。

生きている限り追いかけるストーカーが知ることができなく
させるためだと。

しかし、そこまで執拗なストーカー被害にあっている被害者は
全国で数百人いるかどうかだろう。

その数百人の生死だけ第三者に教えないようにすればよいのに、
それを全国民に適用してしまったのが個人情報保護法である。

そのため、私も周りの知人も、その友人の生死を知ることができなかった。

亡くなった場合、親族には伝えられるが、友人の親族の
連絡先など誰も知らない。

それでは、親族を探すことができるかというと、これも個人情報
保護法で知ることができない。

これでは、どうしようもない。

マスコミで流れている様々な死亡情報は、何なのか?と聞くと
警察発表だから報道できる、と言う。

警察発表がなされない死亡情報は、友人が問い合わせをしても
教えることは出来ないのである。

結局、私と知人たちが、その友人の死を知ることができたのは、
亡くなってから一ヶ月以上たった後に、たまたま親族とコンタクト
を取ることが出来たためであった。

今回の件では、警察も役所も1ヶ月前には死亡届を受け取っていた。

にも関わらず、私や知人たちには頑として教えなかったのである。

例え死亡届が出されていても、個人情報保護法で友人の生死を
知ることができない社会。

その友人に親族がいなければ、誰も生死を知ることはできず、
国家だけが知っている状態。

そんな社会が健全であると言えるだろうか?

そもそも人の生死は、個人情報ではなく、公共情報である。

私が突然トラブルに巻き込まれ、死体で発見され、
死亡届が出されても親族のみが知ることができ、
周りの友人・知人には生死さえ確認できないのである。

この社会は、個人情報保護法という名の国家情報独占
社会に変貌していた。

何故か田舎では、誰それが今月死んだと役所で公表されているという。

しかし私が聞いた都心の役所では、全く教えてくれなかった。

ここらへんの恣意的な法の運用によって殆どの国民は
この事態に気づいていないだろう。

私も知人たちも今回の件で初めて知ったのである。


更に秘密情報保護法と共謀罪が施行されれば、日本は
本格的な情報統制ファシズム社会に変貌するだろう。

個人情報保護法や秘密保護法、共謀罪などの一連の
流れは決して偶然に起こっていることではない。

計画的に日本をある方向に誘導するために着々と作られてきた
法体系なのである。

この異常事態に一刻も早く国民は気づき、反対の行動を
起こすべきだ。

これを民主主義の理論から図にすると以下のようになる。

5113ef685355c29dc13ff6dec324ea9c9dc8fbf2


9bd0c6f7de71ff4cfd738164754a921a714d5df4


個人情報保護法とは、個人情報保護という名目で人権を悪用した、
国家による情報独占体制の確立の一里塚なのである。




================

(当ブログは情報の提供を目的としており、投資の勧誘や個別の金融商品を
推奨するものではありません。
投資についてはご自身の判断で行っていただきますようお願い致します。)
====================

【募集】
 メールマガジン『マネーと政治経済の原理からニュースを読む』では
皆様からの相談や要望を募集しています。
どんな些細なことでも結構です。
メルマガ上で天野統康がお答えいたします。
家計や政治経済、金融商品の問題で質問したい方は下記からメールをお送りください。

 応募はこちらから。http://ch.nicovideo.jp/letter/ch2526055




お金と政治と経済ってどれも難しい。
日々のニュースを見ても何故そうなるのかがよくわからない。
その原因や背景を理解できるようになりたい!

そのようにお考えの方は是非、下記のリンク先の無料セブン
ステップメールにご登録ください。


豊富な資料図解付きで、誰にでも分かりやすく、複雑怪奇に
見える現在の、お金、政治、経済、生活の仕組みの秘密を
お伝えします。


毎日1回。合計7回に渡って貴方のメールボックスに送信されます。
0790efa4150ce5f3c463dcb82f6e28d977ef5588
<リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール


6a4fb4f508be96aab7e7c528bb4c42f4f47b1ba9



【成甲書房からの内容紹介】

そうだったのか!マネーと民主主義、すっきり分かる!お金の秘密、世の中のカラクリ。
とっても重要なのに、あなたはなぜか知らされていません!
マネーがどのように生まれ、どのように無くなるのか、どのような性質を
持っているのかを理解していますか?
複雑怪奇に見える金融システムがひと目でわかる図解解説版。
こんなに簡単に読める金融の本は今まで見たことがない!。
本書ではどのようにしてマネーと民主主義が生まれたのか、
社会派ファイナンシャルプランナーの天野氏が、マネーの支配者によって
民主主義と経済が操作され、利用されてきたのか、
さらにはその克服方法までを分かりやすく記述していきます。

==================

アマゾン・ランキング「一般・投資読み物」部門 第1位


×
んー;
チャート(図)で説明しょうとする態度はすばらしいが・・・
そのチャートが解りづらい; くらいならマダ出さない
方が良い。

86ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。