• このエントリーをはてなブックマークに追加
上場企業の配当額が過去最高を更新する勢い 量的緩和による金融経済の好調が反映 実体経済には一部波及
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

上場企業の配当額が過去最高を更新する勢い 量的緩和による金融経済の好調が反映 実体経済には一部波及

2014-09-16 01:10

    =======================

    ■セミナー情報
    <リンク>9月21日(日曜) 天野統康×目黒峰人 ジョイントイベントのご案内


    ■無料セブンステップ
    <リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール

    ■本の購入→<リンク>サヨナラ!操作された「お金と民主主義」なるほど!マネーの構造が良く分かった  成甲書房 1,785円


    ■Youtube https://www.youtube.com/user/07amano/videos

    ■Twitter https://twitter.com/amanomotoyasu

    ■HP<リンク>天野統康FP事務所 ホームページ

    ■ブログ<リンク>天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論  


    ===========================

    「今回の記事」

    上場企業が株主に払う配当を増加させている。
    4~9月期は過去最高額を更新する勢いである。

    この背景と経済の全体的な流れをお伝えする。


    <参考記事>日本経済新聞 2014年9月15日 
    中間配当 最高の3.1兆円


    6c8cbd48452a992e6417a7553ac7a48d2a7252fb


    <以下有料>

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。