• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

ビュロ菊だより 第八号 「TSUTAYAをやっつけろ~日額30円の二本立て批評」第三回
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ビュロ菊だより 第八号 「TSUTAYAをやっつけろ~日額30円の二本立て批評」第三回

2012-12-09 09:00
    <TSUTAYAをやっつけろ~日額30円での二本立て批評~>

     第三回「アメリカは反復する(同じ天使の下に)」

    1)アメリカ映画「イヴの総て」(50)
    2)アメリカ映画「エージェント・ゾーハン」(08)

    *両者を未見の方も、両者を既見の方も、片方だけ未見の方も、今回は1-2の順でご覧下さい。



       *   *    *    *    *


     最も幸せな者は、両者とも未見だった者だろう。恐らく彼らは、混乱するほど驚いているだろう。ここまでアメリカが豊かであるという事を。その驚きは、「旧アメリカ」にも「新アメリカ」にも通底する人間表現/社会表現の、ちょっと異様なほどの奥の深さによってもたらされている筈だ。

     世界はアメリカ人をバカだと言う。識字率が低いという。強い原罪意識や差別心、そこから生じる、アルコール依存や銃依存、そして今やアメリカの象徴とさえ言える鬱病と肥満という重篤な病を抱えた、救いがたい国だと言う。度重なる戦争ビジネスによって疲れ果て、実力を失った、哀れで厄介なジャイアンだと言う。
     
     在米の賢者からの報告や、様々な報道だけを見ても、どうやらそれは正しい。直接そこへ赴かず、ある国家を映画だけから査定するという、些かアンフェアかつ確度に欠ける方法を採っても、それは変わらないように思える。

     しかしアメリカはやるのである。アメリカの、凄まじいまでの「希望」や「暖かさ」は、出口なしの絶望や鬱性とバランス関係にある、非常に強い症状だとも言える。

     旧アメリカも新アメリカも、欲望の物質化たる人類、その怪物性を非常に美しい物語にした。何もかもがまるで違う、実に58年もの歳月を隔てて制作された2作は、しかし共に希望を描いている。その希望は、絶望との熾烈な戦いを僅差で制した勝者であり、まさにアメリカン・ドリームと呼ぶに相応しい輝度と強度を誇っている。そして、三代を隔てても、同じ天使を戴いているのである。

     *     *     *     *


     「旧アメリカ」は1776年の建国から1955年まで、179年間のアメリカである。1955年、アメリカは疑似ヨーロッパというアンシャンレジームを制圧し、独立した「アメリカ」の属性を獲得、「革命アメリカ」となった。その蜂起は、後のモータリゼーションの大動脈たる、アイゼンハウアー法によって全米を貫通した州間ハイウェイの完成によってである。ハイウェイを不眠不休で飛ばし続けるトラック運転手のために(モダンジャズの始祖であるチャーリー・パーカーの死と交代するように)エルヴィス・プレスリーがメジャーデビューを果たし、叔父文化のアイテムだったLPレコード/ステレオセットは「ドーナッツ盤」「キャンディ・ポップ」という、駄菓子の名がついたEP盤/ジュークボックに首を刈られ、マクドナルドとディズニーランドが生まれる。玩具化が革命アメリカの旗印となった。「イヴの総て」は、アメリカにロックンロールもポップスもファストフードもおとぎの国も、有色人種の公民権も無いという、俄には信じられない時代の終わり、二次大戦終結5年後、玩具化革命5年前に制作されている。当時のアメリカ最大の玩具はハリウッドであり、ハリウッドしか無かった。いみじくもオーソン・ウエルズが(ハリウッド入りする)直前に言ったように。

     退行の甘さと暴力性によって、革命アメリカは巨大な帝国となり、朝鮮戦争(旧アメリカの末期、「イブの総て」の製作年に勃発)やベトナム戦争によって受けた精神的外傷や、人種問題に代表される、あらゆる国内的問題をもドラッグとして摂取し、隆盛を誇った。革命アメリカが「新アメリカ」になるのは、まだ記憶に新しい2001年9月11日である。「エージェント・ゾーハン」は、ショック性のあらゆる不全を抱えた「新アメリカ」誕生後7年目、リーマンショックと史上初の黒人大統領就任の僅か1年前に制作されている。

     それでも、驚くべき事に、両者はほぼ同じ映画である。「イヴの総て」は当時のアメリカ演劇界からの映画への批評(この作品は、オーソン・ウエルズ率いるマーキュリー劇団が「市民ケーン」「偉大なるアンバーソン家の人々」でハリウッドと接触するも捻れーーイヴ役のアン・バクスターは「偉大なる〜」の主演ーー「第三の男」でウエルズが同劇団のジョセフ・コットンと俳優としてブレイクを果たした翌年に製作されている。という穿った見方も出来る)であり、アカデミー賞を六部門受賞。「エージェント・ゾーハン」は、当時のアメリカTV界からの映画への批評であり(この作品を「<サタデーナイトライブ>のミドル・スクーラーによるーーアダム・サンドラーのレギュラー期間は91〜95年。番組は75年開始で現在も継続中ーー人種差別コントのブローアップ版」とするのは容易い)、日本公開は無く、好事家のみがDVDで鑑賞できる。


     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。