• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

<今日の菊地成孔>2013.10.26
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

<今日の菊地成孔>2013.10.26

2013-10-27 10:00
  • 7
 

 

10月26日(土曜)

 

 モダンジャズ・ディスコティーク当日でした。ハロウィン(二丁目はご覧の通りです)にも、台風情報(結局関東には被害無し=明日の夜電波は無し。ヘタすると来週もなし)にも負けず、3でイズにも負けずにいらっしゃった、リアルガチ(©出川哲朗)モダンジャズディスコティークラヴァーの皆様、有り難うございました。ゴールド会員さんと看做しております。

 

 いやあ詳しい内容には触れられないんですが、ゴ−ルド会員の皆様へ。濱瀬先生のプレイリストは当欄ではなく、「第三インター」にのみアップしますんで、そちらをご覧下さい。まあ、ふふふふふ。ワタシはCD-R貰いましたけどね。終わった後、は師曰く「いやあ、あれだって氷山の一角なんだよ〜。キリないねDJって」。DJとしてはパイセンですので「そうだよ濱瀬くんキミ〜」と言っておきました(まさか信じないよね?)。

 

 菊地DJはかーなーりー珍しくDCPRGとジャズドミュニスターズを途中でメインにプレイしまくり、つまりワタシは基本的に自分作品はあまりプレイしないんですが、今回はどかーんと使い倒しまして、というのは、クラブ用のラージで再生する事が少なく(出来上がってからは、製作中は何度もラージでチェックしますが、楽しんでいる感じではないので)、こないだひょんな事から試しにラージで再生したら「思っていたより遥かにすげく良いじゃん。DJの時に使えるわ」と、今更ながら思ったんですね(DCPRGはライブのイメージがあるんで、アルバムがDJに使えるというコンセプト自体が無かったですね)。なんか「悪く言われると、悪くないのに悪いと思っちゃう」という現象を「アホか(笑)」と思って見ていたんですが、インパルス!の二枚は超絶カッチョ良いですね。中山先生と松尾先生にヤラれてしまいました(笑)。あれを貶すなんて、つまらない自尊心に追いつめられ過ぎね可哀想に(笑)。これからはいままで以上に批評に耳を貸さないようにします。批評は重要ですが、「愛のある、音楽家を伸ばす為の批評」っていうのは、昔は結構あったんですが、今はもう無いです。若い人はみんなエゴサーチで自信を失い、恐怖に負けてしまい、自滅してしまいます。絵に描いたような共倒れですよ。「みんなでダメになろう」。こっわー。


 最近DCPRGって高見元Pのセンスで野音でばっかやってますが、野音って基本的にロック場、つまり、客の使用可能面積がかなり狭いので、ロック=日本人にすげく向いてるけれども、ダンス場ではないですよね。次のリキッドと大阪はダンス場で踊り倒せるので、その点だけでもかなり良いと思いますね。PVにある通り、新曲そして新サポートメンバーが生じまして、こーれーがー小田朋美さんです。「ポップアナリーゼ」を観ると出てきますよ!「鷹の爪の吉田君にそっくり」と言われている人です。PVにある通り、新曲もやっちゃいますし、そろそろ「ヘイジョー」「ホーチミン市のミラーボール」「構造5」に着手する時かもしれないですね(しないかもしんないけど)。

450798f744af558b338ea1ba4602a0a5359bb33a

 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
むかし昔、うん十年も昔に 吉田秀和氏言ったことを
菊地さま言わせるなんて 
中も松も 極小粒ダワサ
76ヶ月前
×
ゴールド会員いただき!たいへん楽しい夜を過ごさせていただきました。XXLの時の映像がマッチョな男達だったのがちょっと笑ってしまったのですが…選曲の時に映像と合わせるんですか?
76ヶ月前
×
はじめまして。
今回は仕事の都合で行けませんでしたが、徹夜の作業中、ラジオで流れたときに録音しておいたジャズドミュニスターズを聴いていました。
なんだか違う世界に連れて行ってくれる感じで…、すごく好きです!
もう今、CDの到着が楽しみで楽しみで…
待ち遠しいです‼
菊地さんと同じ時代に生きていることが嬉しい。
リキッドルームのライブも楽しみです〜〜。
76ヶ月前
userPhoto
菊地成孔
×
>>1

 いやいやいやいや。お二方ともさすがに極小粒ではないですが(笑)、少なくとも「良識者として苦言を呈する」「音楽家は痛い所を突かれ、嫌がるが、結果伸びる」という、比較的良いリレーション、が切れてしまってからの人ですよね。ワタシはよく「私怨やトラウマや欲求不満や劣等感等々の払拭の為に批評を書くのは良くない(迫力があって、取るに足りぬと片付けられない所もあるので→特に若くてハートがタフではない音楽家)」として、SNS等々を仮想的として悪視しますが、勿論先駆は、書籍であり、雑誌であり、記名の、プロの批評家から始まっている事は確かです。

 ただ、困った事に、そういう事を(匿名で、絶対安全圏からやるテロリスト=卑怯者。としてではなく)記名で堂々とやる人々には、天然みたいな可愛げがあって(笑)、直接会うと良い気分になるんですよね。ただ、クリエーターが警戒心や自負心を無駄に持ってしまう様に循環するのは、鑑賞者の首も締める結果に成ると思うんですよね。でも、いちばんおとなしいのは日本人ですよ。ワタシ。ちょっと読み書き出来るから韓国、フランス、英語圏のSNSとか雑誌記事を読みますね。
人殺しですよ(笑)。韓国なんて自殺に追い込んだ後に勝利宣言したりするので(韓国へのヘイとスピーチではないですよ。再び困った事に、エンターテインメントは自滅してないですもの韓国もアメリカも。日本は「生温い」のかも?とすら思いますね・笑)。
76ヶ月前
userPhoto
菊地成孔
×
>>2

 ありがとうございます!VJ画像とのリンクですが、本当に正直に言うと、アタマの中に入っているのですが(笑)、まあその、とはいえ偶然は大きいです。曲順は決まって無いし、曲数も決めてないんですよね。いつもプレイする時間の10倍量ぐらい持って行き、その場で構築しています。
76ヶ月前
userPhoto
菊地成孔
×
>>3

 なにか牧歌的なまでのご好評を頂き嬉しいです!!(笑)宣伝宣伝は野暮ですが、ドミュニスターズはとにかく、完全インディーとはいえ、ジャケットが宇川直宏、マスタリングがトム・コイン、コピーライトが菊地成孔(笑・ワタシの作品は全部そうですが)、そして全リリックがワタシのチェックのもとにコンプされているので(老眼にも優しい文字の大きさで・笑)、製品として狂った様に優秀です。HIP HOPファンは勿論の事、ポップスやロックのファンの方には「歌詞を読みながら聴く」という楽しみが大きいと思うんですが(ジャズはそうでもないんですよ)、「久しぶりであの快感に浸った」という事になると思います。5000名以上売れたら、全リリックの注釈集をワタシが書いて無料でアップすると公約します。

76ヶ月前
userPhoto
菊地成孔
×
>>4

 因に、ワタシは日本のSNSをやらず(「読む為だけのアカウント持ち」でもないです。ツィッターを2ヶ月だけやった実験以外、読みも書きもしていません(ハマってしまうと思うので・笑)、たまに、余りに悪質なのがあると知人やファンの方がチクるので、それを見せてもらう(自分で行けないから)だけです。なので、ここでワタシが対象にしているのは、両先生が記名で、紙で書いたもの。ですんで、混乱を招き易いかもしれませんね。韓国のは、韓国人の友人が、英仏(海峡みたいですが・笑)語のは英仏語が話せる友人が「ねーこれ凄いでしょう」的な感じで、飲み屋で見せてくれる物を、語学の勉強を含めて読んで。背筋を凍らせています(笑)。

 でも、日本もまあ、ワタシが見ないだけで、極点まで行けば韓国や英仏レベルなのかも知れないですね。でも「平均レベル」みたいなのは、やっぱおとなしく感じますね。
76ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。