• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

北村薫が描きだす、弱者たちの「悪意」や「暴力」との戦い。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

北村薫が描きだす、弱者たちの「悪意」や「暴力」との戦い。

2020-12-25 17:53
    q?_encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=416

     北村薫『中野のお父さん』を読みました。じつはこの本は自分で読むために買ったわけではなく、退職して暇を持て余している母への贈り物だったのですが、せっかく買ったのだからと一頁目を読み始めたところ、すらすらと読み耽ってついに読み終えてしまったしだい。

     はっきり云ってこの作品自体はあまりどうということはないごく軽い小説なのだけれど、それでも北村薫という人の「凄み」は十分に感じさせられます。とにかく文章が巧い。いっそばかばかしいくらい巧い。

     どう云えばいいのか、読み始めてから読み終えるまで一切つっかえるところがないのですね。かれの書く文章はただ清らな小川のようにさらさらと流れていくばかりで、決して濁ることがない。読み終えた後は、「ああ、もう読み終えてしまったか」という意外さばかりが残ります。

     特に気を衒ったところがない、あたりまえの日本語のようではあるのだけれど、どういうわけか際立った清冽
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。