• このエントリーをはてなブックマークに追加

たれ蔵さん のコメント

私も、地獄と天国は、てっぺんにあるのではなく自分の中にあるように感じます。
No.1
95ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
 社会的に最も憎まれ、嫌われ、疎まれる犯罪であるところの性犯罪を、ある種のゲームのようなものであると云えば、おそらく読者の反感を買うことであろう。  しかし、性犯罪者の頭のなかでは、そのような形での理解が行われていることがありえるらしい。鈴木伸元『性犯罪者の頭の中』には、そういうおどろくべき事実が記されている。  この本によると、性犯罪とは、じっさいには「ムラムラと来てやった」というような単純なものではなく、計画的、ある意味では理性的に実行されるものなのだという。  文中、A受刑者と記されるある人物は、被害者の情報を集め、計画を立案し、じっさいの犯行に及ぶその「作業」を、ゲームに喩えている。 「こうした作業は、ロールプレイングゲームにおいて情報収集をし、フラグを立てて、目的を攻略していく過程に似ているように思います。犯行がエスカレートしていくつれ“経験値”が増え、自分が“レベルアップ”していく感覚がありました」  一方、のぞきと強姦で懲役4年のB受刑者はこう語っている。 「今振り返れば、自分は強い男なんだと確認したかったのだと思います。被害者の方には大変申し訳ないですが、他の人をコントロールしたい、支配したい、そういう気持ちから犯行に及んだと、自分では分析しています」  いかがだろうか。しょせんは犯罪者のたわ言、自己正当化と思われるだろうか。実を云えば、ぼくなどはこういった発言を見ていると、理解できることだな、と思ってしまう。  本来コントロールできないはずの他者の行動を支配し、コントロールするという行為には、たとえそれが錯覚に過ぎないものであれ、強い「力の感触」が伴うものなのだろう。  この種の「自分は強い」という「パワー幻想」には、強烈な中毒性がある。その「パワー幻想」が強化されてゆく感覚を、A受刑者は「レベルアップ」と表現しているのではないだろうか。 
弱いなら弱いままで。
愛のオタクライター海燕が楽しいサブカル生活を提案するブログ。/1記事2000文字前後、ひと月数十本更新で月額わずか300円+税!