• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

【結城登美雄の食の歳時記#7】農山漁村の桜(暦編・その4)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【結城登美雄の食の歳時記#7】農山漁村の桜(暦編・その4)

2013-03-10 14:46
    花は農業だけでなく、漁業にも貴重なサインを与えています。春はもう間近⁈暦編の最後のテーマは桜です。

              * * * * *

    結城登美雄の食の歳時記<暦編・その4>農山漁村の桜


    5f68b7d9d873633a738b05b0b45aaa9bbdb3dd5f

    桜もまた農作業と切っても切れない花だったのです。日本で花と言えば、やはり桜。国の花の桜です。桜は「雪形」が見られない地域では大活躍しました。これも種まきの目安として大きな役割を果たしました。桜はことさら、大切にされた春の花として、古木になってもあちこちに残されています。その理由は米作りと関係があったからだろうと
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。