• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

田中良紹:コロナに敗れて権力を手放し訴追を免れなくなった2人の政治家
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

田中良紹:コロナに敗れて権力を手放し訴追を免れなくなった2人の政治家

2020-12-04 09:35
  • 12
今年8月に安倍前総理が病気を理由に退陣を表明した時、私は「安倍総理はコロナに敗れた世界初のリーダーと記録されるかもしれない」とブログに書き、11月には「トランプはコロナに敗れた世界で2人目の政治リーダーである」と書いた。2人とも新型コロナウイルスさえなければリーダーとしての政治人生を全うできたはずだからである。

 安倍総理の場合はコロナ禍がなければ夏に東京五輪が開催され、招致に成功した総理が開催時の総理も務めることで世界から注目を浴び、誰もが批判できない存在となることで、余力を持って岸田文雄氏に「禅譲」し、3度目の総理を目指すシナリオを書くことができた。

 トランプ大統領はコロナ禍がなければ再選は確実と思われた。2期8年という大統領任期を全うできなかった大統領はこれまで10人中3人しかいない。再選率は70%と高いのだ。勿論トランプを嫌う国民も多いが、コロナ禍が米国を襲うまで経済は絶好調だった。

 しかしトランプはコロナ禍への対応を誤った。当初は中国や欧州からの入国を禁止し、コロナ対策に巨費を投じ、朝鮮戦争時に作られた国防生産法を発動して自らを「戦時大統領」と称し、コロナと戦う姿勢を見せた。しかしそれが「大きな政府」を嫌う岩盤支持層の反発を招くと思ったのか、コロナとの戦いを州政府に任せた。

 民主党の知事たちはロックダウン(都市封鎖)を行って経済よりコロナとの戦いを優先する。これに共和党支持者は反発し、トランプもロックダウンより経済が優先との姿勢を鮮明にした。マスクをせずに大規模集会を開き、とにかくコロナを中国のせいだけにした。バイデンを中国寄りと批判するためにである。

 しかし現実は米国が世界最悪の感染者数と死者数を記録する。現在のコロナ死者数はベトナム戦争の戦死者の5倍を超え、第二次世界大戦の戦死者数29万人に迫っている。米国にとって最大の悲劇は50万人近い戦死者を出した南北戦争だが、このままだとそれを超える可能性もある。その現実がトランプの再選を阻んだ。

 しかしトランプは今でも敗北を認めない。選挙には不正があったと言い続ける。なぜ「悪あがき」とも見える態度を取り続けるか。それは敗北を認めた途端、数々の疑惑で訴追される恐れがあるからだ。

 2016年の大統領選挙を巡っては、トランプ陣営がロシアと結託してヒラリー陣営にサイバー攻撃をかけたとされる「ロシア疑惑」が捜査の対象となった。モラー特別検察官は「現職大統領は訴追されない」という司法省の判断を尊重したが、「疑惑がないわけではない」とも主張した。そしてトランプには「ロシア疑惑」以外にも、脱税疑惑や政治資金の不正流用疑惑など数々の疑惑が指摘されている。

 それらの疑惑は現職大統領でいるから訴追されずにきたが、大統領を辞めればその限りではない。従って来年の1月20日にバイデン大統領が就任しトランプが民間人になれば、捜査の対象となる可能性がある。そのためトランプが敗北を認めれば、国民の目はすぐさまトランプ訴追の話に向かうことになる。

だからトランプは決して敗北を認める訳にはいかない。また12月14日に選挙人が投票し、選挙結果が確定しても選挙は不正だったと言い続ける。その一方、トランプは11月25日に「ロシア疑惑」で偽証罪に問われたマイケル・フリン元大統領補佐官に恩赦を与えた。大統領でいるうちに「駆け込み恩赦」で逃げ切る構えと見られる。

しかし自分で自分に恩赦を与える訳にもいかず、選挙が確定してから退任するまでの間に辞任すれば、ペンス副大統領が大統領に昇格するから、ペンス大統領が恩赦を与えるという見方も出てきた。

さらには10月の集会でトランプが「バイデンが勝ったらこの国から出ていく」と言ったことが憶測を呼び、「亡命」を考えているという説もある。米国の暗部を暴露したCIAのエドワード・スノーデンがロシアに亡命したことから、プーチンを頼ってロシアに亡命するというのだ。まるでフィクションの世界にしかない話である。

トランプ陣営とその支持者たちは今でも逆転勝利を口にする。しかし世界は既にバイデン時代に備えている。直近で衝撃なのはイランの核科学者がイスラエル製の遠隔操作の銃で射殺され、イランが報復を宣言したニュースだ。またイスラエルのネタニヤフ首相が極秘にサウジアラビアを訪れムハンマド皇太子と会談した。中東がきな臭い。

これをトランプが仕掛けた「駆け込み外交」とする見方がある。トランプがイラン核合意を復活させようとするバイデン政権を妨害するため、任期が終わるまでにイラン包囲網を強化する手を打ったというのだ。

しかし別の見方もできる。トランプと親交のあったイスラエルとサウジアラビアは既にトランプを見切り、バイデンの米国に対し結束して対抗する姿勢を見せたのだ。極秘会談と言いながら知れ渡るようにしているのだから次期米大統領に対する動きである。バイデン政権の前途には困難な課題が山積みされているということだ。

一方、コロナに敗れた1人目の安倍前総理も総理を辞めたため訴追の動きが出てきた。これで安倍前総理が描いていた3度目の総理就任の目はなくなり、政界引退が現実味を帯びてきた。

菅義偉という政治家は私が知る田中角栄という傑出した政治家と同じとは思わない。だが置かれた立場に似ているところがある。田中は佐藤栄作の長期政権を自民党幹事長として仕えた。佐藤が官僚出身の福田赳夫を後継にしようと考えているのを知りながら、彼は総理の座を金の力で奪い取った。

叩き上げであるから佐藤から命じられた汚れ仕事もやりこなし、いつか官僚主導の政治を変えようと思ったことが総理の座を奪った理由である。それがエリート層の神経を逆なでし、過去の「金脈」が追及され、さらにはロッキード事件で冤罪なのに有罪判決を受けた。

菅総理は官房長官として安倍長期政権を支えた。安倍前総理が岸田文雄氏に「禅譲」しようとするのを知りながら、二階幹事長と公明党と手を組むことで、「岸田への禅譲」を「菅への禅譲」に切り替えさせた。

叩き上げであるから汚れ仕事もいろいろやり叩けばホコリが出る。安倍前総理が「菅への禅譲」を決断したのは、ホコリの出る男はコントロール可能で裏切ることはないと思ったからだ。

安倍前総理は「モリカケ桜」と河井克之・案里夫妻の公選法違反事件との関りというスキャンダルを抱えていた。国会で追及されると安倍前総理は、頭を下げて反省すれば済むものを、強弁一本で押し通す。「森友」では一切の関わりはないと強弁し、そのため財務省は公文書の改ざんを行う羽目になり、それをやらされた職員は自殺した。

「桜を見る会」の前夜祭を巡っては、誰が聞いても嘘としか思えないパーティのやり方を何度も国会で繰り返し、政治資金収支報告書に記載がない事実を認めなかった。誰が聞いても嘘としか思えなくとも、安倍前総理が現職総理でいるうちはそれ以上の展開は起きない。

しかし潮目が変わったのは黒川弘務前東京高検検事長の定年延長を強行しようとしたことだ。この無理筋の人事は安倍前総理が総理を辞めれば手が後ろに回ると恐れているように私には見えた。コロナ禍で国民が不安におびえている中、この人事の強行は国民の反発を買う。SNS上に批判が殺到し、安倍政権はついに法案成立を断念した。その時私は「安倍政権は死に体になった」とブログに書いた。

検察は自民党から河井夫妻に渡された1億5千万円と安倍総理の関係を追及し始める。河井夫妻は逮捕され、金を受け取った政治家たちは検察に協力する形で証言を始める。それと前後して安倍前総理が「桜を見る会」に招待した「ジャパンライフ」会長の詐欺事件が立件された。

すると安倍前総理の健康不安説が流され、麻生太郎氏や甘利明氏が同情を引く話を始めた。第一次政権投げ出しの時と同様にまた病気を理由に投げ出すのかと思っていると、本当に車列を組んで病院に行く姿を撮影させ、国民に持病の悪化を信用させた。そして安倍前総理はあっさり退陣表明を行った。

しかし私はこの病気退陣を信用しない。本人も「病気で辞める」とは言わなかった。「正しい判断ができなくなることを恐れて辞める」と言った。それは「いずれ復帰する」という意味だ。そして叩けばホコリの出る菅官房長官に「安倍政治の継承」を言わせ、事実上の「禅譲」を行った。

日本には「クビを差し出す」という言葉がある。自ら権力を手放せば「武士の情け」で追及する側は攻撃の手を緩める。私には数々の疑惑を追及されないように一時的に総理を辞め、再び復帰を図るシナリオに見えた。

自民党第一派閥の細田派(事実上の安倍派)と第二派閥の麻生派を敵に回せば自民党総裁選には勝てない。菅総理には「安倍政治の継承」を言うしか総理になる方法はなかった。そして安倍前総理から自立するには、選挙をやって安倍・麻生連合の議員の数を減らし、菅・二階連合の議員の数を増やすしかない。私は解散・総選挙を巡り両者の暗闘が始まるだろうと思っていた。

一方で菅政権の任期は来年9月までなので、安倍・麻生連合は菅政権をそこで終わらせ、その後を岸田氏にするか、安倍前総理が再び復帰するかのシナリオを描くと思った。岸田氏は麻生派にすり寄ろうとして自派閥を紛糾させ、岸田氏の目は限りなく小さくなる。

麻生氏にすれば来年の総裁選を安倍前総理に託すしかない。それを意識してか安倍前総理の復帰への動きが顕著になった。病気を理由に退陣してから2か月しか経っていないのに、メディアには出るわ、IOCから五輪功労賞を貰うわ、ポストコロナの経済政策を考える議員連盟の会長に就任するわ、さらには総理の専権事項である解散の時期にまで言及した。

これ見よがしな菅潰しの行動である。これでは「クビを差し出した」意味がない。権力を手放した人間がおとなしくしていれば追及はやむが、手放さないのなら話は違う。それが東京地検特捜部の「桜を見る会」を巡る捜査開始である。安倍前総理がどれほど国会で嘘をつき続けたかが一気に白日の下に晒された。

読売新聞とNHKに情報のリークがあった。両者とも親安倍の報道で有名なメディアだった。検察からのリークかと思いきや、官邸からのリークだと言われる。官邸が安倍前総理の菅潰しに反撃したことになる。しかもその反撃力はすさまじい。

政治資金収支報告書への記載がなかったことは秘書の責任になるだろうが、それより国会で嘘をつき続けた安倍前総理の政治責任は何にも代えがたいほどに重い。日本の政治史上こんなめちゃくちゃな嘘を言い続けた総理はいたのだろうか。前代未聞だと思う。

子供だましの嘘を言い続けた人間を総理にすることなど考えられない。議員でいる事にも耐えられない。政治には嘘が必要なこともある。それは国民を幸せにする目的のためにつく嘘だ。それでも国会でつく嘘は処罰の対象になる。後に事実が分かれば、その政治家に対する評価は変わるだろうが、安倍前総理の嘘はそれとは真逆だ。

反省して頭を下げれば良いものを、強弁して嘘をつきまくり、人を死に追いやることまでした。権力を手放すと見せかけて再び権力を握ろうとしたことが、その嘘を白日の下に晒した。安倍前総理に再々登板の目がなくなれば、菅総理が急いで解散・総選挙に踏み切る必要もなくなった。

それにしてもやはりトランプ大統領と安倍前総理は似た者同士ということか。そう考えると日米嘘にまみれた時代が4年間も続いたことになる。


■オンライン田中塾開催のお知らせ

 コロナ禍は我々の暮らしを様々な面で変えようとしていますが、田中塾も2020年9月から新しい方式で行うことにいたします。5月の塾に参加された方からの提案で、9月からオンラインで塾を開くことにしました。これまで水道橋の会議室で塾を開催しましたが、今後はご自宅のパソコンかスマホで私の話を聞き、チャットなどで質問することが出来ます。入会金3000円、年会費3000円の会員制で、年6回、奇数月の日曜日午後の時間帯に開催する予定です。会員の方だけにURLをお知らせしますが、同時に参加できなくとも、会員は後で録画を見ることも出来ます。

 5月の塾には日本に一時帰国中のロンドン在住の方がお見えでしたが、これからは遠方にいても参加が可能です。また顔を見合わせて話をしたい方がおられましたら、要望次第でリアルの塾も別に企画しようと思っています。

 コロナ後の世界がどう変化していくか皆様と共に考えていきたい。そのようなオンライン田中塾になるよう頑張ります。どうかオンライン田中塾への入会をお待ちします。入会ご希望の方は、下記のフォームからご入力ください。

【入会申し込みフォーム】

【関連記事】
■田中良紹『国会探検』 過去記事一覧


<田中良紹(たなか・よしつぐ)プロフィール>
 1945 年宮城県仙台市生まれ。1969年慶應義塾大学経済学部卒業。同 年(株)東京放送(TBS)入社。ドキュメンタリー・デイレクターとして「テレビ・ルポルタージュ」や「報道特集」を制作。また放送記者として裁判所、 警察庁、警視庁、労働省、官邸、自民党、外務省、郵政省などを担当。ロッキード事件、各種公安事件、さらに田中角栄元総理の密着取材などを行う。1990 年にアメリカの議会チャンネルC-SPANの配給権を取得して(株)シー・ネットを設立。

 TBSを退社後、1998年からCS放送で国会審議を中継する「国会TV」を開局するが、2001年に電波を止められ、ブロードバンドでの放送を開始する。2007年7月、ブログを「国会探検」と改名し再スタート。主な著書に「メディア裏支配─語られざる巨大メディアの暗闘史」(2005/講談社)「裏支配─いま明かされる田中角栄の真実」(2005/講談社)など。

チャンネル会員ならもっと楽しめる!
  • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
  • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
    • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
    • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
ブログイメージ
THE JOURNAL
更新頻度: 毎月10本程度
最終更新日:
チャンネル月額: ¥550 (税込)

チャンネルに入会して購読

他2件のコメントを表示
userPhoto
sor
×
そもそも武漢肺炎を世界に広めた中国を非難しない
新型コロナ・COVID-19などと連呼して武漢肺炎・チャイナウィルスと呼ばせないあらゆるメディアは中国資本入ってるだろ
もうゲルが次期総理と書かなくていいの?
1ヶ月前
×
ガイジの分際で俺より儲かってる良くない
こんなウソ文書で儲かる仕事なんか消えちまえ
1ヶ月前
×
「しかし」が多くない?
1ヶ月前
×
マー君塾あったら見たいっす
1ヶ月前
×
見える見える太いぜ
1ヶ月前
×
珍しく長文だなーと思って読んだらこれだよ。
お前が描いたコロナと政治を題材にしたおとぎ話を読まされた
俺の時間を返せ!!
お前何回「しかし」「だが」使っかよ。何回「と見える」って末尾に入れたかよ。
その度に日本を貶めたいお前の妄想癖が加速してるだけじゃんか〇日新聞のラテ欄に載せろよ

1ヶ月前
×
完全に中共側の記事で草も生えない
1ヶ月前
×
経歴みただけで役満なご仁だなw
慶應にTBSと色々と左寄りな方のようで。
中韓の金が今の放送局にどんだけ流れ込んでいるのか寧ろ暴露した方が皆見るんじゃね?。
妄想を書くのでしたらチラ裏にでもどうぞ。
1ヶ月前
×
だから米大統領選は来年までもつれ込むってば(呆れ
1ヶ月前
×
何でこの手の狂人は妄想に妄想を重ねる奴が多いんだ・・どんだけ安倍ちゃんやトランプの権力を凄いと思い込んでるんだ・・お前等みたいなのの口を閉ざせない程度の人間なのにねw他国のやべー権力者だったらこんなもん書いて無事で済まんだろうにw
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。