• このエントリーをはてなブックマークに追加
緊急特集:游彩 / ロングインタビュー③、テーマ別インタビュー #日刊ブロマガ!club Zy.チャンネル
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

緊急特集:游彩 / ロングインタビュー③、テーマ別インタビュー #日刊ブロマガ!club Zy.チャンネル

2017-01-23 18:30


     1月1日の深夜にジンが、「stylish wave COUNTDOWN '16-'17」の舞台に登場。その日は、ジンとして最後のライブの場。同時に、2017年1月1日深夜0時を持って新たに游彩(ユウサイ)として活動を開始することをWeb上で宣言した。
      1月より游彩は、「森羅万象 NEW YEAR CIRCUIT'2017」や「ZEAL LINK【Winter Short Circuit】」など、イベントツアーへ積極的に参加。3月からは「stylish wave CIRCUIT '17 春の嵐"今宵、乱れ打ち"」への出演も決定している。
      3月1日には、1stシングル『アイラク偽心』の発売も決定。今年、游彩がどんな動きを示してゆくのか!?。何処よりも早くclub Zy.が游彩の言葉をお届けしよう。

    インタビュー:長澤智典
    Interview by Tomonori Nagasawa
    表題曲の『アイラク偽心』はまさに、哀愁とショックの要素を兼ね備えた、これぞ游彩という姿を打ち出した楽曲。TYPE-AのC/Wに収録した『色暮』が哀愁という方向性を色濃く、TYPE-Bに入れた『地団駄序曲』にはショック要素を強く出したように、その三つの要素をいろんな楽曲の中へ投影しながらバランス良く表現していきたいなと思ってる。
    ――游彩がバンドのコンセプトに掲げたのが「哀愁ショック」という言葉。 
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。