• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

club Zy.名誉編集長はくえい対談シリーズ 第3回 HAKUEI(PENICILLIN)×樹威(GOTCHAROCKA)対談 第3回(全4回) HAKUEI「その報告を受けたとたん、何かがプチンと切れちゃって。「もう学校は辞めよう」という気持ちになったんですよね。」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

club Zy.名誉編集長はくえい対談シリーズ 第3回 HAKUEI(PENICILLIN)×樹威(GOTCHAROCKA)対談 第3回(全4回) HAKUEI「その報告を受けたとたん、何かがプチンと切れちゃって。「もう学校は辞めよう」という気持ちになったんですよね。」

2019-10-18 18:00
    b255bf2c49aea8bf2b17502d29092c7711ae3d8a
    476640b669e4249c688b683eeafb76f6d68d9f2b


    HAKUEI(PENICILLIN)がパーソナリティを担当しているニコ生ラジオ放送「居酒屋HAKUEI」。同番組へ樹威(GOTCHAROCKA)が出演したときに対談を実施。

    そのときの模様を、4回に渡りここにお届けします。

    Interview:長澤智典




    HAKUEI:その報告を受けたとたん、何かがプチンと切れちゃって。「もう学校は辞めよう」という気持ちになったんですよね。



    樹威  僕は、高校2年の終わりで学校を辞めてしまったんですけど。でも中学生までは割りかし成績も良くて、高校も大学もと親は思っていたんです。だけど、高校1年生のときに学校の先生に言われたことが大きな引き金になったんですよね。

    HAKUEI それは、どんなこと?

    樹威  当時の僕は、高校へ通いながらバンドをやっていました。でも、公立学校だったことから勉強もけっこう厳しいし、このままバンド活動と学校を両立出来るのかな

    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。