• このエントリーをはてなブックマークに追加
HAKUEI(PENICILLIN / The Brow Beat)ソロ・インタビュー! 第2回(全3回) 『正月はぐーたらできたけど、アッという間に忙しい毎日になりました(笑)。自分の中では2月の頭くらいまでは割と余裕のあるスケジュールの予定だったけど、もう諦めるしかないという(笑)。』
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

HAKUEI(PENICILLIN / The Brow Beat)ソロ・インタビュー! 第2回(全3回) 『正月はぐーたらできたけど、アッという間に忙しい毎日になりました(笑)。自分の中では2月の頭くらいまでは割と余裕のあるスケジュールの予定だったけど、もう諦めるしかないという(笑)。』

2022-02-17 18:00
    d2aea1ef253a2148f2b8671b0bb958ce88d8f562

    大好評を得ているニコ生ラジオ『居酒屋はくえい』とリンクした形のインタビューを掲載している本シリーズ。いつもは『居酒屋はくえい』に招かれたゲストとHAKUEIの対談が行われるが、今回は2022年第一弾ということでHAKUEIの単独インタビューを実施。

    彼の年末年始の過ごし方や年越しの思い出、そして2022年に向けた意気込みなどをじっくりと語ってもらった。彼の言葉から現在のHAKUEIを感じ取っていただければ嬉しく思う。そんなインタビューを、3回にわたってお届けしよう。


    Interview:村上孝之


    ――やはりPENICILLINも苦労された時期があったんですね。

    HAKUEI普通にありました(笑)。当時は対バン・ライヴのときに楽屋がないなんて、あたり前でしたから。楽屋の場所の取り合いとかで変な空気になるのは嫌なので、「うちらは通路で、いいでーす」みたいな(笑)。


    ――ええっ! 通路とかって暗くありませんか?

    HAKUEIそういうのは気にならなかった。通路のほうが落ち着くから、よかったんです。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。