• このエントリーをはてなブックマークに追加
加藤和樹くん「真田十勇士」20160923@新国立劇場
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

加藤和樹くん「真田十勇士」20160923@新国立劇場

2016-09-24 21:06

    加藤和樹くん「真田十勇士」を観た。


    とても面白かった。


    良く準備され訓練されたキャストスタッフのチームワークで、
    難しい、映像と舞台上の役者の演技&アクションの混合が違和感なく表現され、
    あたかも戦国時代のその場の空気に触れているような視覚的な興奮を呼んでいる。


     

    3時間30分とちょっと長いのと主要な役柄のはしゃぎすぎや滑るギャグが気になったけど、
    それもたぶん観客サービスの気持ちから出ていることだと、飲み込んだ。
    そんなところあっても娯楽作品として一級品だと思う。
    まだ公演期間があるので見逃さないでほしい。


     

    和樹くんの霧隠才蔵はとてもハマっていた。


    いいなあと思った。


    和樹くん演ずる霧隠才蔵の落ち付いた佇まいは、
    もともと彼の性格にこういうキャラクターが似合うのかもしれないが、
    演技で作ったものとして完璧に見える。
    簡単には動かない、信念に基づいてしか動かない性格かから、
    そこまではたぶん脚本には書いてないと思うのだけど、
    演ずるキャラクターの奥の深さが伝わってくるかのようだった。


    特に、彼の潤いのある滑らかで艶やかな声が強いセリフを吐き出す、
    そのセリフは地面を這うように
    低く響き
    ながら舞台上から客席空間にまで力強く届く。

    僕は彼のこの声を聞くのが好きだ。


     

    楽屋に行ったら、馬場良馬くんとばったり、市瀬秀和君にも。
    加藤くんの付き合いの広さにうなずいた。
    優しい和樹くんに肩を抱かれてパチリ。

    a92c09aaf77eb8fc7ad423be8fd68a734dc71a53





    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。