• このエントリーをはてなブックマークに追加
「ビッグシャーク vs リトルシャーク」これが弱肉強食の掟……海外の水族館で「サメ映画」みたいなバトルが繰り広げられた模様
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「ビッグシャーク vs リトルシャーク」これが弱肉強食の掟……海外の水族館で「サメ映画」みたいなバトルが繰り広げられた模様

2016-02-12 12:00
  • 11
海外のとある水族館にある巨大な水槽で、大きなサメと小さなサメによる壮絶な死闘が繰り広げられていたそうで、その様子を撮影したビデオがネット上で話題になっています。 弱肉強食のバトルが繰り広げられたのは韓国・ソウルにある水族館「COEXアクアリウム」。

1月29日の早朝に飼育員が水槽を確認した時点で、大きなシロワニ(Sand tiger shark)が小さなドチザメ(Banded houndshark)をがっぷりと飲み込んでいたそうです。

  【そのほかの画像や動画、リンクなどは「カルラボ」でチェック!】 02bigsharkvslittleshark02 
Youtubeには獲物をゆっくりと飲み込みながら、悠々と水槽を泳ぐシロワニの姿を撮影したビデオが公開されていますが、その姿はちょっぴり誇らしげな印象。

どうやら小さなドチザメが大きなシロワニのテリトリーに侵入して、衝突したことが原因とみられ、びっくりして噛み付いてしまったシロワニは噛みついたものを飲み込もうとするサメの習性に従った結果、こうなったのだろうと関係者が推測しています。

シロワニは5日ほど他の水槽に移されることになったそうです。 なんだか「ビッグシャーク vs リトルシャーク」といった感じのタイトルで映画化されそうなネタですが、果たして……。

【動画】Shark eats shark in South Korean aquarium

コメント コメントを書く
他1件のコメントを表示

普通はどこの水族館でも槽内食が起こらないように入れる魚種やエサやりの時間をきちんと管理するものだが、さすがケンチャナヨ国家は格が違った

No.3 85ヶ月前

シロワニはガシガシ泳ぎまわって水槽にぶつかったりしない上に同種で群れるから水族館的には展示しやすい「画になる」サメ。
ただ主食が底生魚だのタコだのなので、水底でのんびりしてる魚は食われやすい。

で、ドチザメは底生の小型のサメ。しかもどこにでもいる「供給が楽」なサメ。
正直、食われてもいっか程度の認識だと思われ。

No.4 85ヶ月前

某国かよ納得

No.5 85ヶ月前

そして水槽内がキムチ色に染まるんですか、そうですか。

No.6 85ヶ月前

ドチザメのサイズ的に珍しい事態ではあるかもしれないが、大水槽では捕食は普通のことらしいので驚くことではない。

No.7 85ヶ月前

またシロワニが凶暴とか勘違いする奴が出てくるんだろうなあ

No.8 85ヶ月前

水槽内がキムチ色に草

No.9 85ヶ月前

で、空はいつ飛ぶんだ?

No.10 85ヶ月前

このサメと戦うためにはどうすればいいんだ?
サメ型兵器とか巨人とか合体生物とかを作らないと

No.11 85ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。