• このエントリーをはてなブックマークに追加
人口2000人弱の過疎村で起きた『卑弥呼の里』リゾート開発狂想曲
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

人口2000人弱の過疎村で起きた『卑弥呼の里』リゾート開発狂想曲

2016-07-28 10:10
    阿蘇の雄大な大パノラマが広がる人口2000人足らずの村、熊本県産山村。過疎に悩むこの村は1978(昭和53)年、リゾート開発に問題解決の活路を見出そうとした。ところが、開発を託していた東京の不動産デベロッパーが不渡りを出して倒産。247億円を投入し、村に大型保養基地を作るという構想は夢物語に終わった。それからは村議会、建築会社、国税局、出資者たちが上を下への大騒動。終わってみれば、そこにススキの原野と灰色のガイコツ物件だけが残った……。

    文=中田薫/写真=中筋純

    text by Nakata Kaoru & photo by Nakasuji Jun

     

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。