• このエントリーをはてなブックマークに追加
独ソ戦の転換期となった街、スターリングラードを歩く その2
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

独ソ戦の転換期となった街、スターリングラードを歩く その2

2017-03-14 09:55

    1942年10月 北部の工業地帯が戦場に

    9月27日、ドイツ軍はスターリングラード北部の工場地帯や、ソ連軍の司令室が置かれていたママエフの丘へ総攻撃を開始します。

    北部へのアクセスはトラムが便利な工業地帯

    ヴォルゴグラードの街は、レーニン大通りと並行してトラムが走っています。市街地では地下の中を走っていて、北部の工業地帯では地上を走っています。ママエフの丘など、北部に行く場合はトラムの利用が便利です。

    乗り方は簡単です。切符は停留場ではなくトラムの中で購入します。トラムの中には、切符売りの青い制服を着た女性の車掌さんが必ず乗務しています。乗客が乗るたびに、車掌さんが1人1人声をかけてくれるので、そこで買えばいいシステムです。

    1
    市内を走るトラム
    2
    市内を走るバス

    料金は一律20ルーブル(約40円)。ちなみに市内を走るバスは一律10ルーブル(約20円)。

    3
    バス、トラムの切符

    旧共産主義の国なので、

    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。