• このエントリーをはてなブックマークに追加
ドイツ・グーベンに「人体標本」の制作現場を見に行く~前編
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ドイツ・グーベンに「人体標本」の制作現場を見に行く~前編

2017-04-05 10:36

    すべてはハーゲンス博士からはじまった。

    日本では「人体の不思議展」として広く親しまれたプラスティネーション人体標本。

    ある時期から日本に入り込んだ中国産のプラストミック標本が囚人の遺体を使っている疑いがあることから、人権問題に発展し、いまでは日本国内での人体標本展示は見られなくなってしまった。

    しかし、ドイツのグーベンにあるハーゲンス博士の研究所は、人体標本の制作現場まで公開し世界中から献体希望者たちを集めているのだ。

    文・写真・構成=ケロッピー前田

    text & photo & composit by Keroppy Maeda
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。