• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

『 壮大なスペクタクル、ミュシャの『スラヴ叙事詩』』 【Vol.1165】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

『 壮大なスペクタクル、ミュシャの『スラヴ叙事詩』』 【Vol.1165】

2017-05-15 12:00
    皆さま ごきげんよう。
    私の ブロマガを ご購読くださり、
    ありがとうございます。
    **************************************************

    ゴールデンウィークをパリで過ごしてきました。


    街中が 芸術の香りのするフランス。


    何度訪れても 素敵な国ですラブラブ 


    そんな フランスの余韻を残した気分のまま、


    翌日に、六本木にある 国立新美術館で開催中の


    『ミュシャ展』を見てきました。



    スラヴ叙事詩 『スラヴ民族の賛歌』

    d52d0819cb4cabb87b93794fcc4eb20fc02b36f5


    チェコ国外で〝世界初公開〟の超大作と聞いただけで


    期待大だった 『スラヴ叙事詩』 全20作は まさに 圧巻でしたビックリマーク


    大きなものでは、縦6メートル、横8メートルを超える


    巨大な作品は ミュシャが 晩年の16年間を捧げて


    描いたもの。 見上げるほど大きなカンヴァスに


    狂いのないデッサン、ほぼ等身大の

    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。