• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

UFC 200は僕らの期待に応えてくれるのか ■MMA Unleashed
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

UFC 200は僕らの期待に応えてくれるのか ■MMA Unleashed

2016-05-27 09:29
  • 1

Omasuki Fightの北米MMA抄訳コラム――今回はスーパースター不在のUFC200について! マクレガー、ロンダ不在の影響が数字にも現れる……!?




「マクレガー vs. アルド」は120万件、「マクレガー vs. ディアス」は150万件、「ラウジー vs. ホルム」は110万件を売り上げたが、2015年のPPVで、ラウジーもマクレガーも出場しなかった大会の平均売上件数は、36万件に過ぎないのだ。



UFCナンバーシリーズの大きな区切りとなる「UFC 200」の開催が1か月半後に迫った。「UFC 100」は2009年7月の開催だったから、7年ぶりの記念大会になる。これまでに発表されている主要カードは次の通りだ。


ダニエル・コーミエ vs. ジョン・ジョーンズ【ライトヘビー級王座統一戦】

ジョセ・アルド vs. フランキー・エドガー【フェザー級暫定王者決定戦】

ミーシャ・テイト vs. アマンダ・ヌネス【女子バンタム級タイトル戦】

ケイン・ベラスケス vs. トラビス・ブラウン

ジョニー・ヘンドリックス vs. ケルビン・ガステラム 


たしかにタイトルマッチが3試合も組まれ、上位ランカーが勢揃いした豪華大会には見える。しかしUFCファンであれば、UFC 200記念大会ともなれば、コナー・マクレガーにロンダ・ラウジー、ジョルジュ・サンピエールとアンデウソン・シウバも一堂に会するようなスーパーイベントを期待していたのではないだろうか。一堂に会することは無理だとしても、まさかこの4人の選手が1人も出ないこととなるとは、予想だにしなかったのではないだろうか。UFC 200は本当に、期待に応えてくれる特別な大会になるのだろか。


今回はこうした点について、米メディアがどのように論評しているのかを見てみよう。



●「コナー・マクレガー vs. ネイト・ディアス」がUFC 200で本当に行われなくなるとは意外なことだった。どちらかの選手がケガをしたとか、法外なファイトマネーを要求したとでもいうのならまだわかる。しかしその原因が、マクレガーが大会の11週間前の記者会見に出席するための飛行機に乗らなかったから、というのだから意味がわからない。試合のオファーを飲ませる専門家であるはずのUFCが、自らこの試合を強く希望していたマクレガーを飛行機に乗せられなかったことも不思議だし、自らこの試合を強く希望していたマクレガーが飛行機に乗らなかったことも理解しがたい。片方もしくは双方が意地を張りつづけた結果、記録破りの数字を出し損ねる羽目に陥ったというところだろう。UFCとしては、記者会見への参加は、どれほどスター選手であっても例外なく必須の仕事である、というメッセージを打ち出したかったのだろう。数百万ドルを失ったとしても、長い目で見ればどうしても打ち出さざるを得なかったメッセージだったのかもしれない。

この記事の続きと、ハッスル誕生と崩壊、スティング、KEI山宮、藤波辰爾、さくらえみとアイスリボンなどがまとめて読める「12万字・詰め合わせセット」はコチラ

 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
レスナー出場が決まった後に読むと、また味わい深いですね。
38ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。