• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

UFC日本大会、“直輸入感”とローカライズのジレンマ■橋本宗洋
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

UFC日本大会、“直輸入感”とローカライズのジレンマ■橋本宗洋

2013-02-26 12:43
     いよいよ今度の日曜日はUFC日本大会だ。1年ぶりに世界最高峰の闘いを会場観戦できるわけである。
     去年はPPV大会だったが、今回はアメリカではFUELでの放送。タイトルマッチも組まれていない。かわりにヴァンダレイ・シウバが“日本凱旋”を果たし、ブライアン・スタンと闘う。
     このマッチメイクに関しては多少、好みが分かれるかもしれない。いやシウバの試合が見られるのは嬉しいんだけど、「去年みたいにタイトルマッチやってくれたらなぁ」という感じが、僕の中にもちょっとあったりする。
     シウバにマーク・ハントに五味隆典、岡見勇信、キム・ドンヒョン。日本人ないし日本にゆかりの深いファイターである彼らに感情移入できるのは確実なんだが、一方で、やっぱりフランク・エドガーやベンソン・ヘンダーソンやアンソニー・ペティスのような選手も見たいというか。まあ贅沢っていえば贅沢なんだけれども。
     結局これ“直輸入感”が
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。