• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

カネと名声に溺れて、コナー・マクレガーはダメになってしまったのか■MMA Unleashed
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

カネと名声に溺れて、コナー・マクレガーはダメになってしまったのか■MMA Unleashed

2017-12-21 22:58
    Omasuki Fightの北米MMA抄訳コラム「MMA Unleashed」――今回のテーマは復帰は絶望的? 「カネと名声に溺れて、コナー・マクレガーはダメになってしまったのか」です!




    11月上旬のベラトール・ダブリン大会で試合後にケージに乱入、レフリーとスタッフに手を掛けるという狼藉(ろうぜき)を働いたコナー・マクレガー(くわしくは『コナー・マクレガーなら何をやっても許されるのか! ベラトール乱入事件後の関係者の不気味な沈黙』参照)。そのマクレガーの奇行乱行は、その後もとどまるところを知らない。

    11月末、ダブリンのパブでマクレガーが地元ギャング組織ともめ事を起こしたらしいとの報道があった。アイルランドのベテランの犯罪記者が、テレビ番組で次のように語ったことで、現地メディアが大騒ぎになったのだ。

    「コナー・マクレガーは現在、非常に危険な状況にあります。彼は、恐らくは彼自身に原因がないことで、キナハン(ギャングの一派)系の危険な集団とのもめ事に巻き込まれています。ギャングにとって、コナー・マクレガーが何者であるのかは関係ありません。相手が誰であれ、下水溝に引きずり込むだけです。

    今から48時間以内に、コナーがまだ国内にいるようであれば、警察がコナーに危険を警告する可能性があります。これは大変深刻なニュースです……情報筋によると、コナーは偶発的か意図的かは別として、大変な重要人物と争ってしまったようなのです。コナーは命の危険にさらされています」

    このニュースは、ゴシップ好きな英国やアイルランドのタブロイド紙でセンセーショナルに報じられた。マクレガーに暴行されたギャングが、マクレガーに90万ユーロ(約1億2,100万円)を要求しているとか、マクレガーはすでに国外に逃亡した、などの報道が飛び交った。


    この続きと、村浜武洋、日馬富士、ヤマモ騒動、佐々木健介、ジェリコvsケニー、『プライド』解説の記事がまとめて読める「11万字・記事詰め合わせセット」はコチラ 
     

    この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック!


     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。