• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

こんなスーパーファイトを待っていた! 00年代ノスタルジーなき堀口恭司vs那須川天心!!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

こんなスーパーファイトを待っていた! 00年代ノスタルジーなき堀口恭司vs那須川天心!!

2018-09-01 19:17
    この記事は堀口恭司vs那須川天心語ったDropkickニコ生配信を編集したものになります(語り:ジャン斉藤)



    【1記事50円から購入できる関連企画】

    堀口恭司のマネジメントが語る那須川天心と絶対に戦うべき2つの理由■石井史彦

    「浅倉カンナvsRENA」の素晴らしさをチェール・ソネン、巌流島から語ってみる

    【徹底解説16000字】福田正人RIZIN審判部長に聞く「RIZINと競技運営の現状」

    【選手必読!!】判定基準が10倍よくわかるジャッジ対談■福田正人RIZIN審判部長×大沢ケンジ

    これでわかったRIZINの判定基準!■福田正人RIZIN審判部長×大沢ケンジ〜模擬ジャッジ編〜




    誰もが「堀口恭司vs那須川天心」の発表だろうと踏んでいたRIZINの重大発表ですけど(笑)、予想どおり発表されてもやっぱり興奮しますね。

    チケットは販売開始初日で1万枚以上売れたそうです。いやあ、凄いことですよ、いまの時代。これはPRIDE・K-1全盛期クラスの初動ですけど、PRIDEやK-1にはブランド力がありましたからね。どんなカードだろうがチケットはある程度、動く。年間を通して開催されるGPや大晦日の効果も強いし、90年代K-1やPRIDEはヘビー級が主体で。「日本人対決」で、「キックルール」で、しかも「軽量級」のワンマッチで、ここまでチケットが動いたケースはあんまり記憶にないです。これぞスーパーファイトですよ。あとは視聴率を獲れれば……。

    この続きと、追悼KID、天心vs堀口、本間聡、朝倉未来、木原のオヤジ、新日vsWWE…………などの記事がまとめて読める「10万字・記事21本の詰め合わせセット」はコチラ 


    この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック!

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。