• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

UFC公式ランキングは、いったい誰がどのように作成しているのか
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

UFC公式ランキングは、いったい誰がどのように作成しているのか

2019-10-26 10:09
    Omasuki Fightの北米MMA抄訳コラム「MMA Unleashed」――今回のテーマはUFC公式ランキングは、いったい誰がどのように作成しているのかです!!


    【1記事から購入できるバックナンバー】

    ・虐待から救ってくれた一筋の光、それは大日本プロレス■アメプロインディ通信「フリーバーズ」

    ・UWF系プロレスラーが語る「エキシビジョンマッチ」■金原弘光

    ・ ケニー・オメガ「新日本でやり残したことはもうそんなにない。もっといろいろなことに挑戦したみたい」

    ・【新生FMW崩壊編】リッキー・フジ「解散興行もできずに終わっちゃいましたからねぇ……」

    ・北尾はなぜ大成しなかったのか■柴田惣一☓小佐野景浩 マスコミ大御所第2弾

    ・「全女ビル」最後の新人が見た伝説の団体とは?/南月たいようレフェリー

    タイムトンネルからやってきたクロン・グレイシーという男のロマン

    ・アメリカの新団体AEWは脅威になりえるか■斎藤文彦INTERVIEWS

    今ではすっかりおなじみとなったUFCの公式ランキングの発表が開始されたのは、2013年2月のことだった。

    当初UFCでは、「ランキング策定に関わるパネリストとして、当初は約50名のジャーナリストが参加します。今後、参加ジャーナリスト数は今後約90名にまで拡大する見込みです」と発表していた。しかし実際には、第1回発表分の公式ランキングのパネリストは28人にとどまっていた。

    そして現在のところ、パネリストの数は14名にまで減っている。うち、いわゆるMMAメディアに所属している人は9人となっている。残り5人は、ひょっとするとかつてはMMAメディアに所属していたかもしれないが、現在は別の分野で活動している記者なのだという。
    この続きと、冨宅飛駈、朝倉海、チャーリー柏木、スターダム買、WWEペイジなどの記事が550円(税込み)でまとめて読める「13万字・記事23本の詰め合わせセット」はコチラ 

    https://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar1828791

    この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック!1記事85円から購入できます!
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。