• このエントリーをはてなブックマークに追加
ベラトールのトップ交代劇を米MMAメディアはどう伝えたか■MMA Unleashed
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ベラトールのトップ交代劇を米MMAメディアはどう伝えたか■MMA Unleashed

2014-06-27 08:45
    Omasuki Fightの北米MMA抄訳コラム。今回は「哀愁のビヨン・レブニー…ベラトールのトップ交代劇を米MMAメディアはどう伝えたか」です!


    スパイクTVバイアコムの意思決定の決め手となったのは、ズッファとの契約が3月で満了したスコット・コーカーへの待望論が強かったというよりは、ビヨン・レブニーティム・ダナハーを早く追い出したかったということに尽きる。コーカー新CEO就任記者会見冒頭でスパイクTV社長のケビン・ケイが、今後の方向性については多くを語らなかったにもかかわらず、とにかくトーナメントフォーマットはこれをもって終了だと強調したことからも明らかだ。レブニーはベラトール社内でも相当に嫌われるようになっており、辞任が発表された際には歓喜の声を漏らす人もいたのだという。
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。