• このエントリーをはてなブックマークに追加
【緊急インタビュー!!】佐伯繁DEEP代表「なぜ大晦日格闘技興行をやるのか」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【緊急インタビュー!!】佐伯繁DEEP代表「なぜ大晦日格闘技興行をやるのか」

2014-10-08 14:00

    13f057639b37059465b92d52e7bc63c100c40bdd
    格闘技界の伝統は俺が守る! 格闘技イベントDEEPが今年の大晦日さいたまスーパーアリーナでビッグマッチを行なうことが発表された。さいたまスーパーアリーナの格闘技興行といえば、2001年から始まり、ゼロゼロ年代格闘技人気の象徴ともいえた。しかし、メジャー団体の凋落とともに地上波中継がされることもなくなり、客入りの悪さもあいまって昨年2013年は未開催。「格闘技界の聖地」と崇められるさいたまスーパーアリーナだが、興行的には鬼門となっており、どのプロモーションも苦戦しているのが正直なところだ。そんな寒風吹きすさぶ中、なぜDEEPはたまアリを目指すのか――? 佐伯繁代表に話を聞いた!!



    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
    非会員でも購入できる大好評インタビュー&コラム詰め合わせセット! part8は大好評インタビュー5本、コラム2本、6万字オーバーが540円!! 

    ■元パンクラス社長・尾崎允実が語るU系の深層!「前田日明とも昔は仲は良かったんですよ」
    小佐野景弘の「プロレス歴史発見」! 天龍源一郎vs週プロ、SWS崩壊劇を語る!
    ■新日、ジャパン、SWSを流浪した新倉史祐が語る昭和・新日本プロレス道場伝説!SWSの真相!!
    大山峻護引退――PRIDE青春残酷物語「ハイアン、ヘンゾ戦はトラウマになりました……」
    ■MMAオレンジ色の手帖、大好評グルメ記事 「後楽園ホール編」「新宿FACE編」
    ■【UFC秒殺デビュー!!】佐々木憂流迦「才能はないけど、選ばれた人間だとは思いますよ」


    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

    そのほかの詰め合わせセットはコチラ→http://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar634402



    ――
    佐伯さん!このインタビューがアップされる頃には発表されていますが、なんとDEEPが大晦日のさいたまスーパーアリーナに進出するそうですね。

    佐伯 ……いやあ、これは人生最大の勝負ですよぉ(神妙な面持ちで)。

    ――人生最大の勝負!! まさにまさに。

    佐伯 その発表記者会見自体は10月8日水曜日の14時からやります。まず会見をやらないと始まらないところがあるからね。これから死ぬ気でスポンサーを集めますし、もし興味がある方は事務所に電話していただければ(笑)。

    ――ハハハハハ。現時点で決定しているのは「大晦日さいたまスーパーアリーナでDEEPを開催する」ということだけですか?

    佐伯 そうなんだけど、大晦日以外にもDEEPでやることが多すぎて。今月はTDCホールのビッグマッチもあるし、11月にはジュエルス(女子MMAイベント)が新宿FACEであるし、大晦日の10日前にディファ有明で興行もある。

    ――そんなスケジュールの中で大晦日。メチャクチャ大変じゃないですか!

    佐伯 さいたまのイベントとなると、普段のDEEPとチケットの枚数だって違うから用意するのも大変ですよ。いままで作ったことのない枚数ですからね(笑)。PRIDEやDREAMの場合は、会場の設営にしろ専門チームがいたわけじゃないですか。ボクらは自分でやるしかないから。

    ――あそこはイベント会社ですもんね。ちなみにさいたまスーパーアリーナのどのバージョンでやるんですか?

    佐伯 こないだのUFC日本大会と同じ。1万2000人くらい。こないだUFCの日本大会を観に行ったときヤバイと思ったよね。「この大きさで大丈夫かなあ……」って(笑)。

    ――DEEPの大規模興行はひさしぶりですよね。

    佐伯 2002年の有明コロシアム以来かなあ……。あのときでも8000人規模くらいだよね。

    ――田村潔司vsミノワマンがメインイベントで。LEGENDとDynamite!と興行戦争になって(笑)。

    佐伯 あのときも大変だったなあ……。でもまあ、今回は会場の大きさよりも、“大晦日のさいたま”でやることのほうにプレッシャーありますよね。

    ――会場規模の問題ではない。

    佐伯 うん。大晦日にさいたまで格闘技をやる歴史が何年続いたかはわからないけど、去年でいったん途絶えたわけでしょ。

    2001年 INOKI BOM-BA-YE 2001   安田忠夫vsバンナ、永田裕志vsミルコ・クロコップ
    2002年 INOKI BOM-BA-YE 2002   高山善廣vsボブ・サップ、吉田秀彦vs佐竹雅昭
    2003年 PRIDE男祭り2003      桜庭和志vsホジェリオ、吉田秀彦vsホイス
    2004年 PRIDE男祭り2004-SADAME- ヒョードルvsノゲイラ、マーク・ハントvsシウバ
    2005年 PRIDE男祭り2005-ITADAKI-  小川直也vs吉田秀彦、ヴァンダレイvsアローナ
    2006年 PRIDE男祭り2006-FUMETSU- ヒョードルvsハント、五味隆典vs石田光洋
    2007年 やれんのか!大晦日!2007   ヒョードルvsホンマン、秋山成勲vs三崎和雄
    2008年 Dynamite!! 〜勇気のチカラ2008〜 田村潔司vs桜庭和志、アリスターvsバダ・ハリ
    2009年 Dynamite!! 〜勇気のチカラ2009〜 魔娑斗vsサワー、青木真也vs廣田瑞人
    2010年 Dynamite!! 〜勇気のチカラ2010〜 青木真也vs自演乙、川尻達也vsトムソン
    2011年 元気ですか!! 大晦日!! 2011 ヒョードルvs石井慧、桜庭&柴田vs鈴川&澤田
    2012年 DREAM.18 & GLORY 4   第1部MMA、第2部キックボクシング
    2013年 開催せず



    佐伯 ボクはいままでPRIDEやDREAMを手伝ってはきたけど、何気なく見てきたことを自分でやるっていうプレッシャーは凄くありますよ。ホントに不安。

    ――大晦日たまアリ興行は格闘技のブランドでしたもんね。

    佐伯 ボクは選手や関係者が知らない興行事情を把握しているし、実券がどれくらい売れてるのかもわかってる。それらを考えた結果でも「やる」という判断を下したんだけど、それでも怖いわけですよ。

    ――決断したのはいつくらいなんですか?

    佐伯 9月12日くらいですね。そこから調整に動いてますね。会場側と話をしたりして最終決定したのは9月末です。

    ――大晦日のたまアリは、2001年からこれまで旧PRIDEスタッフが使用権を持っていましたね。たまアリは前年度の主催者に優先使用権があって。去年は開催できなかったから使用権の行方が気になっていましたが。

    佐伯 そこの話はけっこう複雑で説明はできないんだわ。もともと4月の段階でDREAMがやらないのであれば「DEEPで」というふうに手は挙げていたんだけど。簡単にいうと、そうやってアピールしてたのでボクのところに話が来たということですね。

    ――格闘技にかぎらず、ほかに名乗り出たイベントは多かったんじゃないですか。

    佐伯 名乗り出たかわからんけど、大晦日さいたまが空いてるなんて言ったら、まず音楽業界が黙っていないでしょ。

    ――大晦日の関東近郊の会場はどこも埋まってますからね。

    佐伯 だから去年DREAMがやれなかったでしょ。で、今年ウチがやらなかったら、さすがに大晦日のさいたまは明け渡すしかない。今回ウチがやらなかったら、大晦日のたまアリで格闘技興行は永遠にやれなくなるかも。だから今回は大晦日を守るという意識は強いよね(キッパリ)。

    このインタビューの続きと、中野巽耀、高瀬大樹、阿修羅・原、桜田一男、佐野哲也、しなしさとこのインタビューも合わせて読める詰め合わせセットはコチラ!
    http://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar654402

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。