• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

総括:世志琥vs安川惡斗■「プロレス 点と線」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

総括:世志琥vs安川惡斗■「プロレス 点と線」

2016-03-21 19:48
    事情通Zがプロレス業界のあらゆる情報を線に繋げて立体的に見せるコーナー「プロレス 点と線」。今回はのテーマは現役復帰を果たした世志琥です!(聞き手/ジャン斉藤)






    ――安川惡斗戦をきっかけに引退に追い込まれた世志琥選手が3月7日SEAdLINNNG後楽園ホール大会の高橋奈七永戦で現役復帰。会場は「世志琥」コールが起きるなど、世間を巻き込んだ一連の騒動もようやく落ち着きそうですね。

    事情通Z 世志琥選手にとってはここからが再スタートだから「終わりよければすべてよし」という言葉は相応しくないんだけど、試合後の反響を含めて収まるところに収まったなあと。正直言えば、復帰の仕方からなにから疑問だらけだったんだけど(苦笑)。

    ――まず1月のSEAdLINNNG後楽園ホール大会に突如乱入して物議を醸して、復帰会見は高橋選手が出場したミャンマーで行われました。これ、最悪のやり方ですよ!(笑)。

     どう見ても「逃げ」が入ってしまったよねぇ。で、その割には東スポのインタビュー取材を受けて安川選手によけいなことを言ってしまった。

    ――あのインタビューを受けて、安川選手のドキュメント映画「がむしゃら」の映画監督・高原秀和氏がツイッターであきらかな世志琥批判を繰り広げてましたね。

     あの安川vs世志琥戦を「善意の第三者によって傷害として訴えられていた」ともツイートしてたね……。いやあ、「プロレスってなんだろう?」って考えちゃう。

    この続きと、上田勝次、追悼・堀辺正史、佐藤嘉洋、はぐれIGF、ドナルド・トランプなどの記事が読める「12万字・記事詰め合わせ」セットはコチラです http://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar1000062
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。