• このエントリーをはてなブックマークに追加
岡田斗司夫の毎日ブロマガ「『この世界の片隅に』を見ても泣くな!? これから見る人へのアドバイス!」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

岡田斗司夫の毎日ブロマガ「『この世界の片隅に』を見ても泣くな!? これから見る人へのアドバイス!」

2016-11-29 06:00
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    岡田斗司夫のニコ生では言えない話
     岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2016/11/29
    ───────────────────────────────────

    おはよう! 岡田斗司夫です。

    今回も『この世界の片隅に』について、お話します。

    ───────────────────────────────────

    「『この世界の片隅に』を見ても泣くな!? これから見る人へのアドバイス!」


     『この世界の片隅に』は、主人公『すずさん』を実在の人物だと観客に信じ込ませるために、3つのポイントをたててました。

     ひとつめのポイントは、キャラクターを信じさせるための綿密な取材と背景描写。

     ふたつめのポイントは、ショートレンジの仮現現象による目の残像を応用した、新しい作画の領域。

     みっつめが、声優の『のん』
     もと能年玲奈だよね。

     この『のん』の演技って、誰が見てもむちゃくちゃ褒めるんだよ。
     僕も「なんでだろう?」と思ってたんだ。

     すずって主人公は、絵で見ると幼そうに見えるんだけど19歳なんだよね。

     19歳で嫁入りして、20歳くらいまでの話なんだ。
     だけど、愚痴も言わずに、義理のお姉さんのいじめにも耐えて、どうしてもいい子に見えちゃうんだ。
     
     「文句を言わずに現実逃避する、弱い人間」として登場してるんだ。

     「お義姉さんとかに逆らわないのは、この子が弱いから」というのは、作画じゃなくて声優の演技力なんだよ。

     ストーリー進行につれて、『のん』の内面や演技が、どんどん変わっていく。
     それはちゃんと、すずの内面が溢れ出したように見えるんだ。

     でもそれは、『のん』の演技力なんだよね。

     作画もアニメーションで見せるのが目的じゃない。
     監督のやろうとしてることは、「すずが、この世にいた」というのを信じさせること。

     だから、『のん』の演技もサポートに徹しているし、作画も『のん』の演技のサポートに回ってるんだよね。

     だからこの映画っていうのは、『のん』に声優としてすごくいい演技をさせるためにサポートがあるように見える。

     仮現運動を含めたアニメーションが、演技をサポートしてるように見えてしまうくらいなんだ。

     作画中心でもなくて、声優中心でもない。
     「すずを実在させる」ということだけを中心に置いた、たったひとつの目的で、すべてのテクニックと演出が集中してる。

     ①キャラクターを信じさせるための、綿密な取材と背景描写。
     ②ショートレンジの仮現現象による、目の残像というのを応用した、新しい作画の領域。
     ③声優の、のん。

     この三つで、見た人はあの世界を信じちゃうし、キャラクターの実在を信じちゃう。

     その上でのお話だから、みんなものすごい感動して、その感動が言葉にならない。

     実際にあった現実を、ドカーンと何年分かを心の中に叩き込まれたような感じ。

     今、コメントに『宮崎駿「くそう~!!」』ってあったけど、本当にその通りだと思うよ。

     この作品は高畑勲の『思い出ぽろぽろ』とか、宮崎駿の『魔女の宅急便』へのアンサーになってる。

     これから見る人へのアドバイスは「泣くな」なんです。

     「泣けますか?」って質問に対して答えるなら「泣けるけど、絶対に泣かない方がいい。」って答えます。

     なぜかというと、人間って泣いた瞬間に感性が閉じちゃうし、理性が働かなくなっちゃうから。

     泣いた瞬間に「泣く映画だ」と思っちゃう。
     それで泣くところを探しちゃう。
     一度 泣き出すと、理性が働かなくなっちゃう。

     この映画は、理性と感性を全開にしたほうが絶対にいいんだ。

     口で言えないほど、泣くこともできないほど、すさまじい感動が泣かずに踏ん張ってたら、最後に「うおおお!」と来るから。

     なので安易に泣いて、「泣ける映画」にしないほうがいいと思うよ。


    ───────────────────────────────────

    いかがでしたか?

    「え?!それってどういうこと?」「そこのところ、もっと詳しく知りたい!」という人は、どんどん、質問してみて下さい。

    番組内で取り扱う質問はコチラまで!

    よい質問は、よい回答にまさる、と言われます。
    みなさんの質問で、僕も予想外の発想ができることも多いです。
    だから僕は、質疑応答が大好きです。

    みなさんからの様々な質問をお待ちしています
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    企画編集:のぞき見のミホコ(FREEex)
         起こしのヤスタカ(FREEex)
         筆耕のヒロキ(FREEex)
         横浜のヨシアキ(FREEex)
         遊牧のマサヒサ(FREEex)

    ───────────────────────────────────


    岡田斗司夫
    and
    Special Thanks To読者のあなた
    ───────────────────────────────────
    Copyright(C) OkadaToshio. All Rights Reserved.
    ───────────────────────────────────
    ■お問い合わせ
    有料メルマガの購読、課金、メール未達に関するお問い合わせは、
    『ニコニコヘルプ』のページよりお願いします>http://qa.nicovideo.jp/category/show/501
    次回配信予定
    • 2019/10/21
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「宇宙戦艦ヤマト45周年!熱くちょっぴりイタく見どころ解説」
    • 2019/10/22
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「今日のニコ生は、岡田斗司夫マンガ・アニメ夜話「ガンダム完全講義〜第29回」です!」
    • 2019/10/23
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「人生の中心にある食べ物「ハンバーガー」を語る」
    • 2019/10/24
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「マック好きも嫌いな人も〜試験に出るハンバーガー年表」
    • 2019/10/25
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「万能調味料と南北戦争がハンバーガーを作った」
    • 2019/10/26
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「『宇宙戦艦ヤマト』傑作オープニングの見どころ解説と、ハンバーガー誕生物語」
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    岡田斗司夫ゼミからのお知らせ
    更新頻度: 毎日
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥550 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。