• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

岡田斗司夫の毎日ブロマガ「【トランスフォーマーに至るオモチャの歴史 3 】 オイルショックで大型フィギュアが作れない! 」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

岡田斗司夫の毎日ブロマガ「【トランスフォーマーに至るオモチャの歴史 3 】 オイルショックで大型フィギュアが作れない! 」

2018-08-01 06:00
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2018/08/01
    ───────────────────────────────────
    今回は、ニコ生ゼミ7月22日(#240)から、ハイライトをお届けいたします。

    動画や全文が気になった方、【ブロマガチャンネル】メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)のご入会はこちらから!

    ─────────────────────────────

     【トランスフォーマーに至るオモチャの歴史 3 】 オイルショックで大型フィギュアが作れない!


     1973年に、ある事件が起こってしまいます。

     何かというと、“第4次中東戦争” ですね。

     fd5ab7565f6fffb2cdcbc160e9d95b6849cddbd4

     はい、これが資料写真です。

     イスラエルに対して、エジプトやシリアなどのアラブ諸国が攻撃を開始して、第4次中東戦争が起こりました。


     この戦争は「最新兵器の実験場」と言われ、当時のジェット機とか、ミサイルとか、もしくはミサイル戦車などの新型兵器がバンバン使われます。

     これが、延々と今に至るまで中東の火種になっています。


     この時に、石油輸出国機構OPECが、原油価格を段階的に4倍まで引き上げたんですね。

     4倍って、まあすごいです。


     中東の石油価格っていうのは、それまでは “石油メジャー” と呼ばれるアメリカの石油会社の何社かが連合して決めていて、こいつらの支配力がすごく強かったんです。

     これに対して、中東の国々がアメリカの支配から脱出するために作ったのがOPECという組織なんですね。


     しかし、そこには、アメリカのロビー活動が盛んに行われていた人工国家イスラエルというのが障害になっていました。

     このイスラエルという国は、他にも色々と、イギリスの変な約束とかがあって、もともと揉めに揉めてた場所なんですけども。

     まあ、ここと中東の国々が揉めていたんですね。


     まあ、OPECというのは、アメリカの石油メジャーの支配をひっくり返すためにアラブ諸国が作った原油価格を調整する団体です。

    ・・・

     さて、いきなり原油価格が4倍になったので、日本経済は大混乱しました。

     この1973年にはデパートのエスカレーターは止まったし、TVの深夜番組も本当にいきなり11時過ぎくらいで、ガーッと終わっちゃうようになったんですよ。

     NHKなんかも終わっちゃうし、『11PM』とかも放送時間がすごく短くなりました。


     他にも、「燃料を多く使う」という理由で、この時、JALは発注していたコンコルドをキャンセルしちゃったんですね。

     本当はJALは1970年代なかばか後半頃に、超音速ジェット旅客機を使っての東京-ニューヨーク線を就航させるはずだったんですけども。


     あとは、「火力発電所から原子力発電所へ」というふうに日本の政治が大きく動いたのもこの時代なんですね。

     日本の原子力発電所っていうのは、今のように、いっぱい作る予定ではなかったんですけども。

     この石油ショックのおかげで「いつ原油が供給されなくなるかわからない! もう、国策として原発をやるしかない!」と言われるようになったんです。


     この当時の中曽根内閣とかが動いたというのもあるんですけども、原子力発電に国が大きく舵を取った直接的な原因というのは、この第4次中東戦争とオイルショックと言われています。

    ・・・

     玩具業界も、これによって大ショックを受けました。

     e9facb7b49ff1aaf6f0d50cd9d41234464c63c18

     この変身サイボーグって、ボディが透明なんですよ。

     これを作るための原料のプラスチックが、そもそも供給されなくなってきたんです。


     原油価格が4倍に上がるということは、ただ単に「値段が高くなる」というだけではないんですね。

     そもそも日本に原油がこなくなるので、自由流通ではなくて “配給制度” に近くなっちゃったんです。


     たとえば「電力業界には優先して原油を振り分けます」とか、「重工業の石川島播磨とか新日鉄とか八幡製鐵所には原油をたくさん回します」とかするんですけども。

     出版業界は、まだ比較的マシではあったものの、急に少年サンデーとか少年マガジンのページ数が減ったりしたんですよ。

     なぜ原油価格が上がると漫画雑誌のページ数が減るのかというと、版下が作れないから、印刷が出来なくなるからなんですね。


     当時から、出版の版というのは光学的に作っていたんです。

     つまり、プラスチックで作った樹脂の上に光を当てて版を整形していた。


     実は日本の出版社というのは、あらゆるものが石油で動いてるんです。

     これは「石油をエネルギーとして動いている」という意味ではなく、「石油資源で動いているものがすごく多かった」という意味ですね。


     結果、漫画雑誌のページ数も減らされることになりました。

     「出版社に対して割り当てられる原油は、これくらいです」というふうに、割合が決められちゃったからですね。

    ・・・

     そんな中、透明なプラスチックで作られた変身サイボーグはというと……ここで、透明なプラスチックの概念図を説明します(笑)。

     7754186fe0c3a18ba02cbdaa154de25c6ca74675

     僕らはですね、「原油、原油」って言ってるんですけども。

     原油からは、アスファルト、重油、軽油、灯油、ガソリン、ナフサというものが作られます。

     ナフサというのは、見た目はガソリンみたいなものなんですけど、こいつがプラスチックの材料になるんですよ。

     原油から6%くらい取れます。

     このナフサというのから、エチレン、プロピレン、ブタジエン、ベンゼンという物が作られて、さらにこのプロピレンからプラスチックの原料である、小さい粒のペレットというのが作られるんですよ。


     プラスチックの中でも透明なものはアクリル成分によって作られます。

     普通のオモチャの原材料というのは、ポリプロピレンとか塩化ビニールなんですけど、アクリル成分の方がコストが高いんですね。

     なので、透明な部品が手に入りにくくなってくるんです。

     繰り返しになりますが、「高くなる」んじゃないんですよ。「手に入りにくくなる」んです。

     その結果、変身サイボーグというオモチャを作れなくなっていきました。

     特に、この変身サイボーグが持っているいろんなパーツとかも、全て透明のアクリルみたいなもので作られていたので、どんどん生産しにくくなってきたんです。


     石油ショックというのは、値段だけじゃなく、そもそも重要度が低い産業に、原油の素材が回されなくなるということが起きました。

     「さあどうする?」ということで、タカラが考え出した方法が、「じゃあ、この変身サイボーグの身長を思い切って縮めてみよう」というもの。


     ここから、トランスフォーマーに直に繋がっていく話になるんですけども。無料枠はこれまでにしておきます(笑)。

    ─────────────────────────────
    ──────

    動画や全文が気になった方、【ブロマガチャンネル】メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)のご入会はこちらから!
    http://ch.nicovideo.jp/okadatoshio-archive

    ───────────────────────────────────

    いかがでしたか?

    「え?!それってどういうこと?」「そこのところ、もっと詳しく知りたい!」という人は、どんどん、質問してみて下さい。

    番組内で取り扱う質問はコチラまで!

    よい質問は、よい回答にまさる、と言われます。
    みなさんの質問で、僕も予想外の発想ができることも多いです。
    だから僕は、質疑応答が大好きです。

    みなさんからの様々な質問をお待ちしています

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    企画編集:のぞき見のミホコ(FREEex)
         ヤムアキ
         起こしのヤスタカ(FREEex)
         歴史のカオリ(FREEex)
         マグネシウムのタツヤ(FREEex)

    ───────────────────────────────────


    岡田斗司夫
    and
    Special Thanks To読者のあなた
    ───────────────────────────────────
    Copyright(C) OkadaToshio. All Rights Reserved.
    ───────────────────────────────────
    ■お問い合わせ
    有料メルマガの購読、課金、メール未達に関するお問い合わせは、
    『ニコニコヘルプ』のページよりお願いします>http://qa.nicovideo.jp/category/show/501
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    岡田斗司夫ゼミからのお知らせ
    更新頻度: 毎日
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥550 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。