• このエントリーをはてなブックマークに追加
岡田斗司夫の毎日ブロマガ「【『トトロ』は24時間テレビ用のアニメだった・1 】 手塚治虫のアニメ地獄」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

岡田斗司夫の毎日ブロマガ「【『トトロ』は24時間テレビ用のアニメだった・1 】 手塚治虫のアニメ地獄」

2018-09-04 06:00
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2018/09/04
    ───────────────────────────────────
    今回は、ニコ生ゼミ8月26日(#245)から、ハイライトをお届けいたします。

    動画や全文が気になった方、【ブロマガチャンネル】メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)のご入会はこちらから!

    ─────────────────────────────

     【『トトロ』は24時間テレビ用のアニメだった・1 】 手塚治虫のアニメ地獄

     ジブリの鈴木敏夫さんのインタビュー本、『風に吹かれて』の140ページに、ちょっと気になる記述があるんです。

     0e6abcf4007708c2f5de2ecfef118e86166eb4bb

    ――――――

     『となりのトトロ』から遡ること10年くらい前、日本テレビのスペシャル番組として、トトロの企画を提案して、「駄目」って言われてるんです。

     だから、もう一度『トトロ』を持ち出すというのは、宮さんの中で躊躇があった。

     それは僕も知ってたもんだから、「ここでそれを持ち出しましょう」ということなんです。

    ――――――

     僕が昔、この記述を最初に読んだ時には、全く気にせず流しちゃったんですけども。

     だけど、『となりのトトロ』の発表年度は1988年。

     その10年くらい前の1978年に「日本テレビのスペシャル枠で流すアニメ」といったら、実は “24時間テレビ” 以外にありえないんですね。


     日テレの24時間テレビの『愛は地球を救う』ってあるじゃないですか。

     1970年代から80年代の終りまで、実は、この番組の中には “2時間のアニメスペシャル枠” というのがあったんです。

     まあ、2時間とは言いながら、実質的には1時間半くらいの枠なんですけど。

     毎年毎年、オリジナルのアニメ作品を1つ放送してたんですよ。


     「つまり、『トトロ』というのは、もともと、その枠用に提案されたんだ」ということに、ふっと気がついたんです。


     でも、ここまでは「そうかもしれないな」程度の話なんです。

     ということで、僕、そこからちょっと調べてみました。

    ・・・

     これは、24時間テレビで放送されたスペシャルアニメのリストです。

     5756731503fa079fe85470a901218b1995f5e6d7

    ――――――

     1978年第1回24時間テレビ → 『100万年地球の旅 バンダーブック』
     1979年第2回24時間テレビ → 『海底超特急マリン・エクスプレス』
     1980年第3回24時間テレビ → 『フウムーン』
     1981年第4回24時間テレビ → 『ブレーメン4 地獄の中の天使たち』
     1982年第5回24時間テレビ → 『アンドロメダ・ストーリーズ』
     1983年第6回24時間テレビ → 『タイムスリップ10000年プライム・ローズ』
     1984年第7回24時間テレビ → 『大自然の魔獣バギ』

     最後は1990年第13回24時間テレビ → 『みなみの海をすくえ!』

    ――――――

     これ、1982年の第5回『アンドロメダ・ストーリーズ』だけは違うんですけど、それ以外の第7回までのアニメは、全て手塚プロが作った手塚アニメなんですよ。

     まあ、その出来については、あんまりよろしくなかったから、手塚プロでの製作は第7回で打ち切りになっちゃって、第8回からは他の会社が作るようになったんですけど。

     ちなみに、アニメ枠の最後は、1990年の第13回の『みなみの海をすくえ』という、『アンパンマン』のオリジナルのアニメになっています。


     若い人は知らないんですけど、今から40年前の1978年から84年まで、ほぼ毎年、1回を除いて、手塚アニメが2時間放送されていた時代があったんです。

     「どうも、この時代に『となりのトトロ』が生まれたんじゃないのか?」というのが今回のお話です。


     まあ、これが『となりのトトロ』とどう繋がるのかは、今は、ちょっと置いておきます。

    ・・・

     ここで放送された手塚アニメがどういう内容だったのか?

     これはちょうど24時間テレビをオンエアしてた当時の、1978年の『アニメージュ』です。

     34fdf880c7af492f1cb9fb916d45346dd5726b3b

     後にジブリの社長になり、僕が “ジブリに関する1次資料” だと考えている鈴木敏夫さんが編集者だった時代の『アニメージュ』ですね。

     おまけに、鈴木敏夫は『アニメージュ』の編集になる前に、手塚治虫の漫画の担当もやっていたんですよ。


     漫画家としての手塚治虫は、いろんな雑誌に連載していたんですけど、鈴木さんが務めていた徳間書店の雑誌でも、漫画を描いていたんです。

     その担当編集もやっていたんですね。

     だから、当然、鈴木敏夫と手塚治虫とは、すごく強い関わり合いがありました。

     ここは大事なので、覚えておいてくださいね。


     さて、スペシャルアニメ『バンダーブック』の製作なんですけど、まあ、手塚治虫さんのシナリオがなかなか上がってこずに、進みません。

     この『バンダーブック』に関して、手塚治虫は、原作・脚本・コンテ・原画・動画と、もう本当に全てをやっているんです。

     「脚本段階から自分で全部やる!」と言っていたんですけど、これが遅れて遅れて仕方がなかったんですね。


     もう、コンテやシナリオが出来る前から「このままでは間に合いません!」と言われて、仕方なく、シナリオがまだ半分しか出来ていないというのに、頭の方から絵コンテを描いて。

     それが仕上がったら、次に自分で原画を描いて、それが終わったら、自分で動画を描き始めるという、継ぎ接ぎみたいな作業を延々とやってたんですけど。

     それでも終らないんです。


     おまけに、この当時の手塚治虫というのは『ブラックジャック』で復活した後で、漫画の連載もそこそこ抱えているんですよ。

     なので、ただでさえメチャクチャ忙しいもんだから、『バンダーブック』の製作というのは、どんどん遅れて行くんです。

     そして、ついにオンエアの2ヶ月前、制作デスクが失踪してしまうんですよね。

     この人、本当にどこかに行ってしまって、いまだに見つかってないんですよ。

     2f5f62d7e6267552364b2f65df58931b5fd18c93

     この辺りの詳しい事情については、『ブラックジャック創作秘話』という漫画の「アニメ地獄」というタイトルの話の中に描いてあります。

     

    ・・・

    (中略)

     手塚治虫というのは、とにかく、アニメ制作をする中で、何か困ったことがあったら、打ち合わせと称して「それは私がやります!」と言うんです。

     47b0d41046e70a0d55085c4f685eb00533b84aac

     だけど、それをやっても同じなんですよね。


     そもそも、「脚本は全て私が書く! コンテも私が切る!」と言っていたから、こんな困った状況になっているわけなんです。

     原因は、手塚先生が「全部、自分がする」ということにこだわっているからなんです。

     そんな中、制作が遅れてきたらどうなるのかというと、やっぱり「全部、私がやる!」と言う。

     結果、どうなったのかというと、もう本当に、手塚さんは寝る時間もなくなってしまいます。


     放送2ヶ月前に制作進行が失踪してからというもの、手塚さんは毎日ほとんど寝ずに、ずーっとアニメを作り続けている。

     だから周りも、もう、何も言えなくなっているわけですよ。


     というのも、手塚治虫が誰よりも働いてるから、そこでこれ以上手塚さんを責めるわけにはいかないんです。

     責めることで時間が5分でも取られるくらいなら、その分、5分でも何かを描いてくれた方が状況がマシになるじゃないですか。

     だけど、そんな手塚治虫も、あまりにも追いつめられると、別の部屋へ逃げてしまいます。

     では、別の部屋で何をやっているのかというと、別の連載漫画を描いているわけですね(笑)。


     そして、連載漫画が煮詰まって「もうダメだ!」となると、アニメフロアに降りてきて、アニメを作るという、本当に、地獄のような日々を過ごしていたそうです。

     ここには「アニメ地獄」って書いてあります。

     8fe8e14b1f4fa1410e8658dd9accc60fb840077e

     これは、他の人にとっても地獄なんですけども、一番の地獄の只中にいるのは手塚治虫自身なんですよ。

     そんな地獄へ自分を追い込む時のやり方というのが、「はい! それも手塚がやります!」とにこやかに引き受けて、全部持って行くという方法なんですね。

    ・・・

    (中略)

     その結果、なんと、奇跡的なことに、『バンダーブック』はオンエアされることになりました。

     まあ、「オンエアされた」と言っても、ギリギリの状況だったんですけども。


     当時のアニメーションというのは “フィルム” に現像されていました。

     2時間分のアニメだから、35ミリフィルムにすると、10巻くらいの束になると思うんですけど。


     どれくらいギリギリだったかと言うと、「1巻目をロールにかけて映写している時に、まだ最後の巻が納品されてなかった」と伝えられています。

     つまり、テレビ局でのアニメ放送が始まっているのに、最後のリールは、まだ現像所で現像して乾かしているような状態だったんです。


     だけど、アニメは作られました。

     本当にすごいです。


     よく、アニメ界の伝説として「放送当日にギリギリ間に合った」という話があるんですけど、それどころの騒ぎじゃないんですね。

     「1巻目を放送している時に、最終巻が出来上がった」んですから、もう日本のアニメ放送史上、空前絶後の事態です。

    ・・・

     ところが、そんなアニメだったにもかかわらず、『バンダーブック』の視聴率は、24時間テレビの中でトップの28%を取っちゃうんですよね。


     日本テレビの24時間テレビ『愛は地球を救う』の第1回放送なんですよ?

     だから、24時間テレビの中の他の番組も、軒並み視聴率が良かったんですけど。

     その中でも、ぶっちぎりの1位を『バンダーブック』が取ってしまったんです。


     なので、その後も、延々と手塚治虫のアニメが作られることになってしまいました。

     “アニメ地獄” というのが、ずーっと続くことになったんですね。


     この後も、何回もスペシャルアニメをやって、その度に、視聴率的には大成功したんですよ。

     でも、ギリギリの進行は相変わらずです。


     しかし、実際に放映された『バンダーブック』を見た手塚先生が何と言ったか?

     「全部、リテイクです」というふうに言い放ったんです(笑)。

     f02aae7e77bd9d329dc6b4bfb9cf43237710b1de

     で、本当に全部リテイクしたんですよ。


     『バンダーブック』のリテイクって、必要ないんですよ。

     だって、日テレの『愛は地球を救う』のために作ったアニメなんだから、その日にしかオンエアする予定はないんですよね。

     当時はビデオ化とか、そういう話も全然なかったので、全く無駄なんですよ。


     ただ、24時間テレビというのは、日テレ系列で日本全国同時生放送のはずだったんですけども、地方局によっては「この時間はダメだ」というようなものが、いくつかあったんです。

     なので、2ヶ月後とか3ヶ月後、地方局でのみ、細々とリテイクされた『バンダーブック』がオンエアされたんですけど。

     もちろん、後年、『バンダーブック』というのは、ちゃんとDVDにもなったんですけどね。


     この「全部リテイクです」と言う、手塚治虫の鬼気迫る勢いは何かというと、やっぱり「アニメを作りたかったから」なんでしょうけども。

     その他にも、ぶっちぎりで28%の視聴率を取ったことで、「やっぱり俺のやり方は間違ってなかったんだ! みんなからは反対されて、いろいろ言われたんだけど、こだわってこだわって作って良かった!」という手塚治虫の叫びもあると思うんですよね。

    ・・・

     だからといって、「『バンダーブック』というのは全部リテイクしたから、すごいんだろうな」と思って、DVDを借りて見たりしないでください。

     手塚治虫の24時間テレビのスペシャルアニメというのは、正直言って、あまりまともな作品がないんですよね。


     そもそも、視聴率が良かったのは、当時はアニメブームの頂点みたいな時代だったからなんですよ。

     だって、この1978年というのは、『機動戦士ガンダム』のオンエアの前の年なんですよ?

     無料のテレビで、それも1時間半もある劇場アニメが見られると言われたら、それはもう、みんな見るに決まってるんですね。


     だから視聴率が良かったんであって、「質が良かったからとか、作品が素晴らしかったから、視聴率が良かったわけでは決してない」ということだけは押さえておきましょう(笑)。

    ─────────────────────────────
    ──────

    動画や全文が気になった方、【ブロマガチャンネル】メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)のご入会はこちらから!
    http://ch.nicovideo.jp/okadatoshio-archive

    ───────────────────────────────────

    いかがでしたか?

    「え?!それってどういうこと?」「そこのところ、もっと詳しく知りたい!」という人は、どんどん、質問してみて下さい。

    番組内で取り扱う質問はコチラまで!

    よい質問は、よい回答にまさる、と言われます。
    みなさんの質問で、僕も予想外の発想ができることも多いです。
    だから僕は、質疑応答が大好きです。

    みなさんからの様々な質問をお待ちしています

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    企画編集:のぞき見のミホコ(FREEex)
         ヤムアキ
         起こしのヤスタカ(FREEex)
         歴史のカオリ(FREEex)
         マグネシウムのタツヤ(FREEex)

    ───────────────────────────────────


    岡田斗司夫
    and
    Special Thanks To読者のあなた
    ───────────────────────────────────
    Copyright(C) OkadaToshio. All Rights Reserved.
    ───────────────────────────────────
    ■お問い合わせ
    有料メルマガの購読、課金、メール未達に関するお問い合わせは、
    『ニコニコヘルプ』のページよりお願いします>http://qa.nicovideo.jp/category/show/501
    次回配信予定
    • 2019/10/21
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「宇宙戦艦ヤマト45周年!熱くちょっぴりイタく見どころ解説」
    • 2019/10/22
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「今日のニコ生は、岡田斗司夫マンガ・アニメ夜話「ガンダム完全講義〜第29回」です!」
    • 2019/10/23
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「人生の中心にある食べ物「ハンバーガー」を語る」
    • 2019/10/24
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「マック好きも嫌いな人も〜試験に出るハンバーガー年表」
    • 2019/10/25
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「万能調味料と南北戦争がハンバーガーを作った」
    • 2019/10/26
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「『宇宙戦艦ヤマト』傑作オープニングの見どころ解説と、ハンバーガー誕生物語」
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    岡田斗司夫ゼミからのお知らせ
    更新頻度: 毎日
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥550 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。