• このエントリーをはてなブックマークに追加
岡田斗司夫の毎日ブロマガ「ラジオでも聞かれた “未来を見る力 を伸ばす方法” を “高さ” を使って説明します」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

岡田斗司夫の毎日ブロマガ「ラジオでも聞かれた “未来を見る力 を伸ばす方法” を “高さ” を使って説明します」

2019-02-12 06:00
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2019/02/12
    ───────────────────────────────────
    今回は、ニコ生ゼミ02月3日(#267)から、ハイライトをお届けいたします。

    動画や全文が気になった方、【ブロマガチャンネル】メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)のご入会はこちらから!
    ─────────────────────────────

     ラジオでも聞かれた “未来を見る力 を伸ばす方法” を “高さ” を使って説明します


     僕は「どうすればそういう発想法になるんですか?」と聞かれる事があって、それはいつも困る質問なんですよ。

     よく「どんな発想法で、そんな考えに至るんですか?」って聞かれる事があるんですけども、今日はちょっとその話をしようと思っています。


     “未来を見る” という能力を、目に見える形で説明するために、“高さ” で説明します。

     038082a24d2fc70235fbbf8076809430865ab3d2

     これはレゴのミニフィグです。

     身長が2cmぐらいです。

     このレゴを普通の人としましょう。


     それで「この20歳ぐらいの人は、どのくらい未来を考えて行動できるのか?」っていうと、せいぜい大学を卒業して就活するところまで。

     つまりこの身長2cmの人は、遠さで言うと5cmから10cmぐらいの所までしか見えないわけですね。

     距離で言うと。


     つまり、どういう事かっていうと、20年間 生きていても、得られる視野の高さっていうのは、せいぜい5年分ぐらい。

     5年先の事しか考えられない。


     まぁ、ほとんどの20歳ぐらいの人は、来月の試験とか、「春休み、どこに行こう?」ぐらいしか考えられないし。

     目の前に、そういう何か大きいイベントとかがあったら、もうそれだけで目の前にいっぱいになっちゃって、それしか見えなくなっちゃうんですね。

     これが普通です。

     69f4c8599a2618b36d32b62e08d02eb456af2d39

     それで、ずーっと未来の事っていうのは霞がかかっちゃうし、今置いたような、ちょっとした障害物があったら、いきなりそれしか見えなくなっちゃって、この先が何にも見えなくなってしまうと。

     しかし、この人の身長が高かったら話は別なんですよ。 

     de1d3b1d06e36eaef129d2df8221dbe8c3472bae

     この小さいミニフィグにとって、今置いた本は大きな障害物で向こうが見えなくなりますけども、言っちゃえば、もし仮に身長が10cmぐらいあれば、急に先までものが見れるようになるわけですね。

     だから、今置いた “大学四年間” という障害物が目の前にドーンとあったら、このミニフィグにとってたら “入学試験” しか見えないわけですね。

     ミニフィグには この “入学試験” しか見えないんですけども、身長が10cmぐらいあると、その大学生活の向こうにあるところまで目線が届くと。

     7726236f3b7843a6a2bee0330ad88b117dd511ec

     つまり、“未来を見る力” っていうのは、こういう “高さ” に変換して考えると、まぁちょっと図形的に分かりやすくなると。


     それで、これはどういう事かっていうと、“未来が見える” っていう事は、同時に過去も見えるって事なんですよ。

     この辺から “お話” になって行きますね。


     つまり過去の視野が狭い人、昔の事をあまり知らない人っていうのは、実は未来の視野も狭いんですよ。

     c73f52a35eb5c417651af72f25cc60e75130bbfe

     視点が高いと、絶対に遥か昔まで見通せると。

     つまり歴史的なことも、ある程度は分かってると。


     そうじゃなくて視点が低いと、歴史的なものも、自分が生きている範囲、もしくは思春期になってからの事しか分からないわけですね。

     だから昔の日本の事とか、世界の事を言われても、「そんなの、生まれてないから知らない」って言えるわけですよ。


     ただし、“背が低い” には、いい事があります。
     
     足元が見えやすいんですね。

     足元が見えやすいし、隣のヤツと手を繋ぎやすいんですよ。

     だから連帯するには調度いいし、“今 流行っている事” っていうのは、この背が低い状態だったら絶対に分かりやすいです。


     逆に言えば視野が広すぎる人間っていうのは、足元が見えない。

     今 流行っている事がよく分からなくなるんですね。


     このオタキング人形は10cmなんですけども、歴史上で有名な人とか、仕事で大成功した人なんか、身長が1mぐらいになってくるわけですよ。

     205c6c18096602fe9cec0ebdf991a142e97fb179

     そんな身長が1mぐらいになってくると、100年先の事まで分かって いろんな事が考えられるんですけども、足元がまったく見えなくなるんですね(笑)。

     そういう欠点もあります。


     それで昔が分かると、逆方向を向くだけで未来の事が分かると。

     視野の差っていうのはどんどん広がっていくんですけども、もちろん今話しているこれは、全部 “たとえ話” です。


     これは “たとえ話” だから、昔の事を勉強したからといって、未来が見えるようになるというわけじゃない。

     けども、少なくとも未来が見えるためには、昔の事を勉強をするしかない。

     この法則は、僕は間違ってないと思います。

     つまり、勉強だけがすべてじゃないんだけども、勉強無しで上手くやった人を僕は見た事が無いんですね。


     だから本を読んで過去を知るという事は、過去をいかに面白がれるかって事なんです。

     過去をいかに面白がれるかが分かれば、未来を活き活きと語る事が出来るので、勉強っていうのはその為に必要で不可分なものなんですけども。


     ラジオで村上信五さんに「どうやれば、そんなふうに未来の事が見えるようになるんですか?」って聞かれたときに、「それは勉強をするしかないんですけどね」って言おうとして、その時にこれがイッキに頭の中に浮かんで来てさ(笑)。

     でも、「これをラジオの番組で言ってもしょうがないなぁ」って思って。

     なんかね、「勉強しなきゃダメだよ」っていうのは、あんまり夢の無い話ですよね。


     未来を感じる力、未来格差の基礎っていうのは、実は “勉強” であって、いろんなしょうもない事を、次から次へと興味が沸くままでいいんですけど勉強をしていって、それが自分の中で繋がるんですね。

     頭の中で繋がって、ある日にネットワークになるんですよ。

     「あっ!」っていうネットワークになると。 

     「あっ! 分かった!」っていうような感じが週に一回ぐらい訪れるようになるんですよ。


     これが勉強の次の段階の “世界観” です。

     世界観っていうのは、知っている事が組み合わさって根を張って、木のように伸び始めるんですね。

     そうすると登れるようになって、その木に登ると、ずっと先が見えると。

     152fc44984531345ef95c4ee6f86250702d3e477

     つまり、本っていうのを色々とガーッと読むと、その本の上に登る事が出来ちゃうんですね。

     これだけで視野っていうのが、もう圧倒的に広がっちゃうわけなんですよ。

     だから本を読むのは得なんです。

     自己投資の中でも実はかなり安くて得な方法です。


     まぁ、さっきも言ったように、普通の人とはどんどん話が合わなくなるんですけどね。

     これをどう乗り越えるかのポイントは、またいつか話そうと思います。

    ・・・

     「どうすれば、そんな視点を持てるのか?」っていうのは、宣伝でも何でも無いんですけども、僕が知っているカリキュラム的な方式っていうのは、この『スマートノート』の中で書いてます。
     
     一応、中国語にも翻訳されてるんですけども、もうブックオフでメチャクチャ安くなってますから(笑)。

     03cd83b6abfcd54fabd9a08f75d356879a0b033a

     この本はそこそこ刷ったので、ブックオフとかで安く売ってますから、中古で見つけてください。

     Amazonでも安くなってますからですね、出来れば買ってください(笑)。


     僕が思いつく、「ある程度 以上 未来を見る方法」というのを訓練するのは、僕はこのスマートノートぐらいしか知らないですけども、他にもいろいろな方法があると思います。

     ただ、こういうふうにして視野を強制的に上げるというのかな、自分の見ている未来の視野を上げる方法っていうのを、ちょっと今日は話してみました。

    ───────────────────────────────────

    動画や全文が気になった方、【ブロマガチャンネル】メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)のご入会はこちらから!
    ───────────────────────────────────

    いかがでしたか?

    「え?!それってどういうこと?」「そこのところ、もっと詳しく知りたい!」という人は、どんどん、質問してみて下さい。

    番組内で取り扱う質問はコチラまで!

    よい質問は、よい回答にまさる、と言われます。
    みなさんの質問で、僕も予想外の発想ができることも多いです。
    だから僕は、質疑応答が大好きです。

    みなさんからの様々な質問をお待ちしています

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    企画編集:のぞき見のミホコ(FREEex)
         ヤムアキ
         起こしのヤスタカ(FREEex)
         マグネシウムのタツヤ(FREEex)

    ───────────────────────────────────


    岡田斗司夫
    and
    Special Thanks To読者のあなた
    ───────────────────────────────────
    Copyright(C) OkadaToshio. All Rights Reserved.
    ───────────────────────────────────
    ■お問い合わせ
    有料メルマガの購読、課金、メール未達に関するお問い合わせは、
    『ニコニコヘルプ』のページよりお願いします>http://qa.nicovideo.jp/category/show/501
    次回配信予定
    • 2019/02/19
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「【『ラ・ラ・ランド』OPミュージカル徹底解説 1 】 ハリウッドに集まる若者たちの心情を “絵” だけで語っている」
    • 2019/02/20
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「【『ラ・ラ・ランド』OPミュージカル徹底解説 2 】 テーマは “夢を追う素晴らしさ” ではなく “夢を信じられる若さ” にある」
    • 2019/02/21
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「【『ラ・ラ・ランド』OPミュージカル徹底解説 3 】 黄色いワンピースに隠されている人間ドラマ」
    • 2019/02/22
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「君は『HUNTER×HUNTER』の凄さを理解しているか?」
    • 2019/02/23
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「【Amazon動画】 フォン・ブラウン〜ロケットを作った男は神?悪魔? 来年、確実にやってくるアポロ50周年ブームをいまから先取り!」
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    岡田斗司夫の毎日ブロマガ
    更新頻度: 毎日
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥540 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。