• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

Vol.207 選挙に出るためのハードルが高すぎる日本
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Vol.207 選挙に出るためのハードルが高すぎる日本

2017-01-31 21:00
    Vol.207
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

              『そこそこ週刊・畠山理仁』

           選挙に出るためのハードルが高すぎる日本

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     選挙の話、まだまだ続きます。

    ■日本は選挙に出るためのハードルが高い
     日本の場合、国政選挙に立候補する場合には高額な供託金を収める必要があります。衆議院の小選挙区、都道府県知事は300万円。政令指定都市の首長の場合は240万円。比例で出ると600万もかかります。これ自体が世界からみても極めて異例。高すぎる。給料の三ヶ月分でも払えない。
     選挙に出るための供託金がこんなにバカ高い国は他にありません。これは立候補の機会を奪っているとして、今、訴訟が提起されています。 
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。