• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

Vol.113 田母神俊雄“閣下”は本当に東京都知事選挙に出るのか?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Vol.113 田母神俊雄“閣下”は本当に東京都知事選挙に出るのか?

2014-01-06 09:00
    Vol.113
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

              『そこそこ週刊・畠山理仁』

         田母神俊雄“閣下”は本当に東京都知事選挙に出るのか?

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ●「やりすぎ感」が否めない東京都知事選
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     2014年が始まった。今年最初の話題は約50億円をかけて行なわれる東京都知事選である。
     読者もご存知のように、昨年末、猪瀬直樹都知事が副知事時代に医療法人徳洲会グループから5000万円を借り入れていた問題をめぐって辞職したため、前回(2012年12月16日)からわずか1年2か月で東京都知事選が行われることになった。つまり5000万円の問題が100倍の50億円に化けたことになる。
     ちなみに前々回の東京都知事選は2011年4月10日に行なわれた。4年間という都知事の任期を考えれば、本来、知事選挙はオリンピックと同じで4年に1回が基本だ。しかし、東京は2011年4月、2012年12月、2014年2月と、短いスパンで3回も知事選挙を経験することになった。
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。