• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

ニャンとも言えない加藤一二三伝説 Vol.54
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ニャンとも言えない加藤一二三伝説 Vol.54

2014-06-30 20:00
  • 1
  ニャンとも言えない加藤一二三伝説をご愛読頂き、誠に有難うございます!
体調不良等の都合によりブロマガの更新が大変遅くなりましたこと,心よりお詫び申し上げます。申し訳ございませんでした。

《目次》
1.顔を洗って出直す

《本文》
1.顔を洗って出直す
  長い伝統のあるアマチュアの将棋大会のひとつに朝日新聞社主催のアマチュア名人戦がある。
  なんと、第1回の大会が開催されたのは昭和22年のことである。このアマチュア名人戦は現在も続いていて、たくさんあるアマ棋戦の中心的存在となっている。
  昭和22年と云えば、まだ将棋どころではなかったはずの終戦後の混乱期である。そのような時期に、アマチュア名人戦を企画し実行に移した先人たちの存在に尊敬を覚える。
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
加藤先生、ブロマガの配信再開ありがとうございます。このところの対局では食事に大好きな鰻を召し上がっておられるようですね。ご体調が良くなられたようでファンとして嬉しい限りです。今回のブロマガでの「顔を洗って出直した方が良い」という言葉の誤用のお話は大変面白く拝読いたしました。加藤先生がアマチュア名人戦の立会人をたびたび務めて下さることには、番勝負出場者の多くが感激し励みにしていると仄聞しております。時節柄、ご自愛下さい。
76ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。