• このエントリーをはてなブックマークに追加
知性とは何だろうか?(2,193字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

知性とは何だろうか?(2,193字)

2018-02-12 06:00
    知性とは何だろうか?
    人間はつまるところ「生き残るため」に生きている。生き残ることが全ての行動に優先される。変な言い方だが、「死ぬこと」も生き残ることの一環だ。これは話がややこしくなるから今回は置いておくが、人間にとって知性とは、より生き残る可能性が高くなることである。人間は生き残るために知性を高めた。

    では、「生き残る」とは何か?
    それは環境に適応することだ。人間にとって最大の敵は環境の変化だ。そして環境は頻繁に変化する。だから、適応力が高くないと人は死ぬ。人は、環境に適応するために知性を伸ばした。

    つまり、知性が高い人間ほど変化に適応できる。
    では、「変化に適応する」とは何か?
    それには、いくつかの段階がある。

    第一に、変化に気づくこと。変化に気づかないと、適応のしようがない。

    第二に、変化の本質を見抜く。これ重要だ。なぜなら、変化に気づいたとしても、それがどのような変化か見抜けなけれ
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。