• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

ピエール瀧の悩みとピエール瀧的な価値観の終わり(1,797字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ピエール瀧の悩みとピエール瀧的な価値観の終わり(1,797字)

2019-03-15 06:00
    ピエール瀧が逮捕されて、ぼく自身いろいろ思うところがあった。というのも、ぼく自身は、ピエール瀧をよしとする風潮があまり好きではなかったからだ。そのため、今回の逮捕は「ピエール瀧的な価値観の終わり」と読み解いた。今日は、そのことについて書いてみたい。

    ぼくは、ピエール瀧自体に興味はなかったが、ピエール瀧を好きという人は嫌いだった。なぜなら、ピエール瀧を好きな人はほとんどが自分に能力がなく、またそのことを本当は悔しいと思っているくせに、見て見ぬ振りをしてごまかしている、自分に嘘をついているタイプだったからだ。そういう人にとって、ピエール瀧は憧れだった。自分は能力がある人に嫉妬してしまうが、能力がある人(石野卓球)に全く嫉妬をしないピエール瀧みたいな生き方がしたい――というわけである。自分のねじ曲がった願望をピエール瀧に仮託していたのだ。

    ピエール瀧は、能力がなくても気持ち良く生きていけることを
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。