• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

引越した糸島という場所について(1,803字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

引越した糸島という場所について(1,803字)

2019-11-18 06:00
    ぼくが引越したのは福岡県糸島市にある筑肥線の「筑前前原」という駅だ。「ちくぜんまえばる」と読む。以前は「前原市」だったのが、2010年に市町村合併をして糸島市になった。江戸時代は福岡県と唐津藩に挟まれた宿場町として栄えたらしい。今は福岡市のベッドタウンだ。

    糸島市は、近年、福岡市が都市として栄えているのに歩調を合わせ、そのベッドタウンとして人口を増やしてきた。これは人口が減っている日本においては希有なことだ。しかも地価が安いために福岡で働く若い人が住んでいるから、若者や子供も多い。そのため、安い価格の集合住宅が多いのも特徴である。

    筑前前原から博多までは快速だと30分である。これは、ぼくが昔住んでいた東京の日野市が新宿駅まで30分だったのと似ている。そして日野は、昔はそこかしこに田畑が残っていたが、こちらもそんな感じだ。しかし日野市は、やがて東京のベッドタウンとして開発され、田畑が消えてい
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。