• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

高倉健さんの養女・小田貴月さんが書いた高倉健さんについての本『高倉健、その愛。』を読んだ(1,582字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

高倉健さんの養女・小田貴月さんが書いた高倉健さんについての本『高倉健、その愛。』を読んだ(1,582字)

2019-11-15 06:00
    高倉健さんの養女・小田貴月さんの書いた『高倉健、その愛。』という本を読んだ。ネットの記事(高倉健「2人だけの17年」 没後5年。名優が最後に愛した女性が語る追憶の日々)で紹介されていたのが面白そうだったのでKindleで買ったのだが、あっという間に読んでしまった。

    高倉健さんを嫌いな人というのはあまりいないだろうが、ぼくも好きである。これまでなんとなく好きだったのが、しかしこの本を読んでとても好きになった。

    なぜかといえば、この本を読むと高倉健さんは「苦しみながらもストイックに生きようとする人」というのが分かったからだ。非常なる努力の人だった。しかも気っぷがいいというか、生き方にセンスがある。そこに今更ながら惚れてしまった。

    例えば高倉健さんは、一面には「こだわりの人」なのだが、そのこだわりを頑固に貫き通すのではなく、日々アップデートしようとしている。養女・貴月さんと暮らすまでは外食オンリ
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。