• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

正解はあります:その2(1,780字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

正解はあります:その2(1,780字)

2020-10-01 06:00
    「正解」はなぜなくなったのか?
    また、いつからなくなったのか?

    「正解はない」という考え方は、我々の骨身に染みている。この言葉は、疑ったことのない人がほとんどだろう。あるいは、「正解はある」といわれても、ピンと来ない人も多くいるに違いない。

    そこで今回は、そもそも「正解はある」とはどういうことか――ということについて、かいつまんで説明してみたい。


    ぼくが最初にこの言葉に疑問を持ったのは、父親との関係の中だった。まだほんの幼いときの話だ。だから、もう50年近く前になる。その頃から、この考え方に疑問を持っていた。

    疑問を持つきっかけは、しごく分かりやすいものだった。父親が、「相手の意見を尊重しなければならない」とぼくに言った。しかし一方で、彼は「ぼくの意見」は尊重していなかった。
    あるいは、父親は「相手の気持ちを考えなければいけない」と言った。その一方で、ぼくの気持ちを全然考えていなかった。
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    入会して購読

    チャンネルに入会して、購読者になれば入会月以降の記事が読めます。

    入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    ブログイメージ
    ハックルベリーに会いに行く
    更新頻度: 月-金の毎日
    最終更新日:2020-10-29 06:00
    チャンネル月額: ¥880 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    ニコニコポイントで購入

    当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。