• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

情報リテラシーはどうやったら身につくのか?:その10(1,725字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

情報リテラシーはどうやったら身につくのか?:その10(1,725字)

2020-11-24 06:00
    今回は、コークのCMの美しさについて、論理的に解き明かしてきたい。

    まず、「美しさ」とは何か?
    結論からいうと、それは「バランスが良い」ということである。バランスの良さこそが美しさである。逆に、バランスが悪いことを「醜い」という。バランスこそがだいじなのだ。

    なぜバランスがだいじなのか?
    それは、この世のだいじなものは、たいてい「相反する二項の間のどこか」に位置するからだ。その両者が「バランスするところ」にある。

    「生と死」をはじめ、この世に二項対立は多い。ぼくが最近テーマとしているのは「短期的利益と長期的利益」の相反関係だ。また、「新しいものと古いもの」の相反関係も気になる。

    組織の経営に限らず、何かを行うことは短期的利益と長期的利益が相反する。目の前に美味しそうなケーキがあると、食べると短期的には「美味しい」という利益を得られるが、長期的には「太る」という不利益を被る。逆に、食べないと
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。