• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

学生に伝えたいお金のこと:その7(1,887字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

学生に伝えたいお金のこと:その7(1,887字)

2020-11-23 06:00
    ぼくは、『もしドラ』が売れてお金が入ってきたとき、「貯めよう」などとは微塵も思わなかった。むしろ、早く全部使い切ってしまおうと思った。

    なぜかというと、現金を持っていることは危険と考えたからだ。どう危険かというと、現金の価値はどんどん目減りしていくから、持っていると文字通り「腐る」のである。
    そのため、早いうちに価値のあるものへと変換することが必要だった。いわゆる「投資」である。お金は、投資してこそ価値が生まれる。持っているだけではこれも文字通り「宝の持ち腐れ」なのだ。

    「機会損失」という言葉がある。「何かをしなかったことによって得たはずのものが得れないこと」をいうのだが、「お金を使わないで貯蓄する」というのは機会損失そのものだ。投資のチャンスを逸しているのである。こんなもったいないことはない。

    だからぼくは、早くお金を使いきってしまおうと思った。そのために事務所の不動産を買おうとしたのだ
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。